ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2018年4月15日

「秋田しょっつる製造元 高橋しょっつる屋」秋田市浜田

秋田市浜田 「秋田しょっつる製造元 高橋しょっつる屋」
しょっつる屋の創業は県内でも最も古く 明治40年という老舗です。
110年の歴史の中、家内工業の伝統製法でしょっつる作りを行ってきました。
4代目の高橋信一さんは、3代目のお父様が病床に倒れたのを機に
教頭先生まで務めた教職の道から転職。
家業を継ぐ決意をしました。秋田県を代表する伝統的な食文化である
「しょっつる」を絶やしたくないという思いもあったのだそう。

2ショット

秋田市新屋・浜田地域では、江戸時代中期から製塩業が盛んに行われていたそう。
浜で上がった魚を塩で漬け、内陸部の仙北地域などに川船で届けていた際
塩漬けの魚が発酵して、秋田の伝統調味料となる「しょっつる」が出来ました。
「しょっつる」の原点でもある 新屋・浜田地域です。

インタ

秋田県内で「しょっつる」というと、 ハタハタで作っていると思っている方が多いですが
高橋しょっつる屋 では、イワシ・サンマ・オキアミで作っています。
近海漁業が盛んだった浜田地域の歴史を 今に伝える しょっつるです。

工場

ふた

浜ー2

イワシ・サンマ・オキアミを1年半~2年以上塩漬けにして発酵させ、
それを、昔ながらの大釜で煮て ろ過し製品としています。

釜

家業を受け継いで 3年目。
高橋さんは、この春、新しい商品を生み出しました。

高橋さん

「浜しょっつる」
これまでの伝統製法は維持して、うま味を大幅に高めた商品です。

浜ー1

大きさにもこだわり、手軽に利用できる120mlの小瓶にしました。
始めに、その味を感じさせてもらった かおり。

試飲

鶏だしのみのスープに、浜しょっつるを ちょんちょん と入れると!!
うまみが 豊かになり、塩気よりも 風味の広がり・ふくらみを、感じたのです☆
美味しい~~!!

スープ

また、鶏ガラのスープに、季節の魚介類を入れた「浜しょっつる」スープ
は、塩気よりも風味とうまみを感じ

いただく

試食

ずっと味わっていられる 豊かな おいしさ☆☆☆

手羽

手羽先を「浜しょっつる」とお酒を入れた調味液に浸し焼いた一品は!
美味しさと 味わいが 格別でした!

普段使いの調味料として この風味豊かなしょっつるを
使っていきたいと感じた かおりです。

折しも、この日は「浜しょつる」の「商標」を申請した日。
国内外で初デビューを果たしたのは、4/7
千葉県市川市に新しくオープンした 道の駅だということ!!!

秋田県内では、秋田市民市場の「高寅」で取り扱いが始まります。

伝統調味料と家業の歴史を 新しい商品として
創り出した 4代目 高橋信一さん。
「浜しょっつる」が たくさんの方に味わってもらえる商品になるのでは!
と 、その香り のひろがりととも に感じました。

「秋田しょっつる製造元 高橋しょっつる屋」
連絡先:090-9039-0923

「浜しょっつる」を取り扱いたいという販売店の方、購入したい方は 
こちらまで。