ABS秋田放送

2019年12月11日

男鹿倫理法人会「株式会社 寒風」

はい、あんちかです。
男鹿市脇本にあります株式会社寒風 本社 にお邪魔しました。

外観

今日は男鹿倫理法人会事務局の佐藤豊さんにお話を伺いました。

はじめに男鹿倫理法人会についてうかがいました。
会員は男鹿市内の会社を中心に50社弱で、毎週水曜日朝6時に船川の建設業協会の3階会議室で経営者モーニングセミナーを開催しています。
寒風は男鹿倫理法人会設立時からの会員で、佐藤さん自身も自然に活動へ加わるようになったそうです。
倫理法人会は法人会冊子の「職場の教養」を朝礼時に読む活力朝礼を基本にしていますが、仕事への気持ちの切り替えと何事に対しても「素直」にすぐ取り組む姿勢ができていると思うそうです。

入会された当初、倫理法人会についてどのような印象を持たれたのか聞くと
「水曜日朝6時からの経営者モーニングセミナーには毎週参加しています。朝5時起きでとても続かないし、「万人幸福の栞」を全員で輪読することも、最初は違和感がありました。よくある『自己啓発セミナー』のもっと強烈な感じを受けました。」
とお話されていましたよ。

入会してから取り組み始めたことや、ご自身の変化はというと、
「仏壇の水を毎日取り換えるようになりました。爺さんばあさん、おやじへの朝の挨拶というか、手をあわせて拝むまではしていませんが、朝の挨拶です。
人の意見を聞き、お互いの価値観を尊重していたつもりでしたが、本当は自分の意見や考えを押し通していたことに気づかされました。特に嫁さんの言うことには素直に従うようになったと思います。」
と。いい旦那さんの鏡ですね。

最後に 男鹿倫理法人会からお知らせです。
今日12月11日夕方6時から「経営者イブニングセミナー」が、モーニングセミナーと同じ会場で開かれます。
講師はシンガポール在住の「安田あきら」さん。安田さんはビンテージアジア経営者クラブの社長で、中小機構/国際化支援アドバイザーです。
テーマは「なぜすべての日本企業は海外事業を始めたほうが良いのか?」です。入場は無料で、海外事業に関心のある方は是非ご参加ください。

2S