ABS秋田放送

2019年6月12日

農家1年生「つかもとさんちの野菜」

はい、あんちかです。
秋田市豊岩にやってきました。
こちらに埼玉から移住してきて3年目。今年4月から農業を始めたご夫婦がいらっしゃいます。
屋号!?は「つかもとさんちの野菜」♪かわいい目印のスタンプもあります。

ロゴ

塚本洋輔さん・まどかさんご夫婦。お二人は31歳、30歳。とても若いお二人、そして2人のお子さんと4人で暮らしています。

奥さん

2人とも秋田には全く縁がなく、まどかさんのご両親が被災して秋田に住んで「秋田はとても良いところだよ」と聞き、1度遊びに来て移住を決めたそうです。
それまで洋輔さんは東京で会社員!一大決心をして秋田にやって来ました。
秋田の農業学校で2年学び、めでたく4月から農家1年生となりました。
農業をするきっかけは、奥さんが妊娠中に食の安全について考えることがあり、安心して家族が食べられる野菜を作りたい!と思ったから。
お家の裏にはなんと1200坪の広大な畑があり、今は枝豆、スナップエンドウなど豆類やピーマン、ナス、シシトウ、じゃがいもなどがすくすくと育っています。

畑

枝豆

でも今年は雨が少なく、水に苦労しているそうです。
育て方にはとてもこだわっており、無農薬&化学肥料を使わず、虫などは手で取ってるそうですよ!
子供達も草むしりなど積極的に手伝ってくれているそう。
これから夏になり収穫された野菜は、マルダイおのば店やいぶきの里で販売予定。
私たちの食卓に届く日も近そうです。
あんちか、収穫の時はまたお邪魔する約束をしたので、楽しみにしてます!!

3S