ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS

カテゴリ「ブログ」のアーカイブ

2021年7月11日

秋田大学教育文化学部特別教授 佐々木和貴先生

7月11日のゲストは、「心の花」の東海林大心社長のご希望で、秋田大学教育文化学部特別教授の佐々木和貴先生においで頂きました。佐々木先生は、まめだすとーくの前身「花咲けねんりん俱楽部」がスタートした1995年の6月から2020年の3月まで、およそ25年間パーソナリティとして番組を支えてくださった方です。

佐々木和貴さん

佐々木先生は相変わらず優しいお顔で、しかもお元気そうで安心しました。大心社長は大好きな先生にお会いできてとても嬉しそう。番組中ずーっとニコニコ笑顔でした。秋田大学は、新型コロナの影響で今も基本的にはオンライン授業が続いているそうです。学生たちは慣れていて、オンラインミーティングアプリZoomはすぐ使いこなせるし、先生が良い事を話すと拍手が起きたり、プレゼンテーションソフトPowerPointを使う事も簡単にできるそうです。しかし、先生はなにか物足りない感じもあるそうです。オンラインだけの授業は知識を教えることはできるけれど、そのほかの部分、大人になっていくプロセスが少ないので心配とおっしゃっていました。

佐々木和貴さん

ところで、佐々木先生は英文学の研究者でありシェイクスピアが専門です。今、私たちは新型コロナで苦しい時代を生きていますが、シェイクスピアの時代にもペスト菌による感染症「黒死病」の大流行があったそうです。その影響で劇場が閉鎖となり、劇作家のシェイクスピアは、その間に構想を練って「ロミオとジュリエット」ができたそうなんです。人口の3分の1を失った時代があったことを教えて頂きました。そんな困難があっても乗り越えてきて今の時代があるのを知り、佐々木先生の言葉は励みになりました。新型コロナウイルスは必ず終息するときがくるので、みんなでもう少し我慢して乗り越えましょう!

佐々木和貴さん

佐々木先生宅のお庭には今、紫陽花の花が咲いているそうです。大心社長の「心の花」も紫陽花の花がとてもきれいに咲いているそうですよ。お二人の会話にMichikoはしっかりと癒されました。

2021年7月4日

サッカーをするために生まれてきたような方、熊谷明夫さん

7月4日のゲストは、元秋田県サッカー協会会長であり現在は名誉会長でいらっしゃる熊谷明夫(くまがい あきお)さん(74歳)においで頂きました。

熊谷明夫さん

熊谷さんは、総合問屋・株式会社しもむらの代表取締役社長としてのお仕事をこなしながら、大好きなサッカーにも秋田シニアサッカークラブの現役選手として、情熱を燃やしていらっしゃいます。さすが熊谷さん、スタジオには一番お気に入りのバッジをつけておいでくださいました。このバッジは、茨木県で行われた「ねんりんピック」で頂いた記念品で、水戸黄門がサッカーをしている様子を描いています。水戸黄門のように、白髪が生えるまでずーっとサッカーを続けたいという思いが詰まっています。熊谷さんにぴったりのバッジです。

バッチ

熊谷さんはとにかく俊足で、こまねずみのように動き回るきめ細かい動きは、Michikoでもわかるほど50年前から変わらずとにかく運動能力に優れた方です。熊谷さんは河辺町(和田)の出身で、小学校から中学校までは野球少年だったそうです。サッカーを始めたのは秋田商業高校に入学してからで、なんと、3カ月後の7月にはレギュラー選手として活躍したのです。高校サッカー選手権全国大会ではベスト4に輝いています。熊谷さんたちが土台を築き、今は亡き後輩の、元秋田商業高校の校長であり、ブラウブリッツ秋田の初代社長、外山純さんの時代には全国大会や国体、インターハイで何度も優勝を果たし、秋商サッカーの全盛期を迎えます。昭和51年、熊谷さんは選抜チームに選ばれ、佐賀国体では準優勝
昭和52年には青森国体で優勝を果たしています。サッカー人生の中で印象に残ることとして、2002年の秋田わか杉国体の時に日本サッカー協会と秋田県サッカー協会の親善試合があり、高松宮殿下から「良いパスだったよ!」とお褒めの言葉を頂いたのが自信に繋がり、ますますサッカーが好きになったとおっしゃっています。

熊谷明夫さん

熊谷さんは、ご自分でサッカーをしているだけではなく、お子さんやお孫さん3世代で
サッカーに夢中です。まめだすとーくのディレクターが秋田高校のサッカー部時代、熊谷さんの次男の方と対戦したことがあるそうで「とにかく当時の秋商は強かった!」と言っていました。今注目しているのは、お孫さんたち。なかでも現在ブラウブリッツ秋田のU-13で頑張っているお孫さん。プロサッカー選手になってくれたら嬉しいな!なんて勝手に思っている私です…(笑) 新型コロナの影響で、昨年秋田で行われる予定だったシニアの全国大会が延期になっていますが、今のところ10月に予定しているそうです。お願いだから、新型コロナ!そろそろ撤退を強く願います。熊谷さん、美味しいお土産までありがとうございました。

熊谷明夫さん

2021年6月30日

なまはげのお面を作る県内唯一の彫師・石川千秋さん

6月27日は新屋温泉の高橋大和社長のご紹介で、国指定重要無形民俗文化財・男鹿のナマハゲのお面を作り続けている彫師・石川千秋(いしかわせんしゅう)さん(66歳)においで頂きました。

石川千秋さん

現在、ナマハゲの彫師として活動しているのは、世界で一人だけ。初代のお父様 石川泰行さんの後を継ぎ、観光用やなまはげ太鼓のお面を作っている方です。なまはげ館で実演をご覧になった方もいらっしゃると思います。ご覧のように、石川さんの作るお面は全体のバランスが取れていて、とても綺麗で怖いお面です。(髪の毛は馬の毛を使っているそうです) 

石川千秋さん

お父さんの後ろ姿を見て育った千秋さん。幼い頃から、大きくなったらナマハゲのお面を作りたいと思っていたそうですが、実際やってみるとやればやるほど難しくて奥が深い仕事。
まだまだ勉強する事があり、気の抜けない仕事だとおっしゃっています。チェンソーを使い秋田の銘木・霧の切り出しから行い、生木のうちに「のみ」や「ドリル」などを使い細かな部分まで丁寧に作っています。(色塗りは、奥様が担当という事です。)

石川千秋さん

お仕事中は常に集中している石川さんですが、プライベートではカラオケが大好き。昨年の12月にはCDをリリースしています。「面彫師一代 (ほりしいちだい)」は、男鹿市観光協会推薦になっていて迫力ある雄たけびから入る曲です。男鹿のなまはげ「まつり唄」は、まるで石川さんの人生を語っているような心に響く曲です。声に年輪が伝わってきます。2018年、寒風山まつりで歌っているところを、演歌歌手 北山たけしさんの北島事務所の方から声をかけられ実現したのだそうです。

石川千秋さん

いま、石川さんがやってみたい事は、ステージで大和社長と共演することだそうです。高橋大和さんの「竿燈まつり」と石川千秋さんの「男鹿のなまはげまつり唄」の共演です。これは絶対に実現できそうですね。なまはげのお面を被って登場する石川さんの雄たけびと、大和さんのジョヤサー。想像するだけで楽しいステージになりそうです。おもしろそうですね!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved