ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年11月21日

難病の研究費に使って頂こうとチャリティーアルバムを作った 心の美しいミュージシャン藤井淳さん&かつみさん

11月21日のゲストは、Soundfactry GgrLab(ジージ―アールラボ)代表の藤井淳(じゅん)さん47歳とDominant Logic(ドミナント・ロジック)ボーカル・ギターのKATSUMI(かつみ)さんです。メンズファッション雑誌のモデルさんのような、オシャレでカッコイイおふたり。9月19日に発売された「ふたつの虹」というアルバムを紹介してくれました。

ゲスト

ゲスト

ゲスト

毛細血管拡張性運動失調症は、全国に数十人(青森県では1人)しかいない平均寿命がおよそ26歳、まだ治療法は見つかっていない重い病気です。青森市に住む小山内龍弥(おさないりゅうや)くん14歳は、今この難病と闘っています。
龍弥くんのお母さんはNPO法人「ふたつの虹」を立ち上げ病気のことを多くの人に知って頂き、研究費にあてて頂く基金を募集するなど活動しています。この病気専門の研究者は、ごくわずかで研究費も不足しています。

アルバム

この事を知ったかつみさんはとても感動し、自分にも何か出来ることはないかと考え、ミュージシャン仲間に呼びかけ、チャリティーアルバムを作ることにしたのです。詩は、お母さんから龍弥くんに送った手紙がもとになっています。龍弥くんは、写真やイラストのようにとっても明るい子で、幼い頃は走ることが大好きだったそうです。

手紙

お母さんは、龍弥くんの病気が完治するように、また、走れる事を願い頑張っています。
「ふたつの虹」のアルバムを聴いて、龍弥くんは学校の友達に「これは僕のためにつくってくれた曲なんだよ」と話し喜んでるそうです。かつみさんは、話を聞いた時も「ふたつの虹」を歌う時も涙がでて止まりませんでした、と・・

ゲスト

おふたりは、姿もかっこよかったけど、心もかっこ良い生き方してますね。Michikoも小山内龍弥くんの病気が治りますように、治療法が早く見つかりますように願います。

2021年11月7日

ライター歴30年の柴田郁子さんは今、お父様と素敵な時間を過ごしています。

11月7日のゲストは、フリーライターの柴田郁子(しばたいくこ)さん61歳。番組のリスナーさんから、「いつも張り切っていて、自分の考えをはっきり持っている人・行動できる人・映画に詳しく知識が豊富で素敵な方の柴田郁子さんをゲストにお呼びしてください!」と情報を頂き、おいでいただきました。

柴田郁子さん

柴田郁子さんにはおよそ15年ぶりにお会いしました。秋田タウン情報にいらした頃、番組やアナウンサー紹介など、いろいろな取材のためよくいらしていました。ABSラジオでは映画情報を生放送番組で伝えて頂いたこともあります。今はフリーになって、情報誌や企業依頼のライターのお仕事は続けていらっしゃるとの事でした。一瞬で人をあったかムードでふんわりと包んでしまう魅力的なオーラを持ち、雰囲気は昔とほとんど変わっていません。

柴田郁子さん

本屋さんはもちろん、銀行のロビーや病院、コンビニなどでよく見かける「大人のための北東北エリアマガジンrakra(ラクラ)」漢字で書くと「楽暮」。青森・岩手・秋田の魅力を伝えていて、北東北の文化や建物・景色・宿・グルメ・ファッション・ペットに至るまで、本当に良いものと一緒に楽しく暮らそうと、内容の濃い充実した情報誌です。

柴田郁子さん

柴田郁子さん

10月25日の特集は「チーズ」。写真も素晴らしく、美味しそう。
何の種類で、どんな料理に合うのかな?どんなお店なのかな?とついつい見入ってしまいます。
2ヶ月に1回、1年に6回発行している「rakra」。おそらく、取材にはかなりの時間をかけて丁寧に作っているのだろうと思っています。ライターの仕事は、自分の調べたことが形になって残るところが魅力と柴田さんはおっしゃっています。

柴田郁子さん

フリーランスになってからの柴田さんは今、92歳のお父様と二人暮らしをしているそうです。取材で出かける時以外は家で仕事をし、今まで出来なかったこと―
朝昼晩3回お父様といっしょにご飯を食べ、夕食は1時間半から2時間もかけ晩酌をしながら
いろんなお話(昔の話や亡くなったお母さまの話など)をしている日々。お父様は、エビチリやイタリアン何でも食べられる方で、この時間とてもご機嫌よく、のどかで、この幸せな時間がずーっと長く続くように願っています。

柴田郁子さん

柴田さんのお話を聞いて、Michikoも父の晩酌の時間ずーっと話し相手しながら過ごした事を思い出しました。娘は父親が大好きなんですよね。嬉しいことに、今回のことがきっかけで読書やテレビだけではなく、お父様は、ラジオも聞くようになったそうです。あっという間の時間で、聞こうと思っていた映画のお話をひとつも聞くことが出来ませんでした。(笑)
柴田さんには、改めてスタジオにおいで頂き、映画情報を伝えて頂く事にしました。お楽しみに。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved