ABS秋田放送

2019年6月20日

素敵な笑顔に思わず・・・!

6月16日の「まめだすとーく」は、私が出会ったキラキラした女子大生!
秋田大学教育文化学部の3年生、特別支援教育コースで学ぶ
宮城県出身の門馬皆実さん(20歳)をゲストに迎えてお送りしました。

門馬さんとの出会いは、彼女のアルバイト先の「珈琲とパンの店 美豆木」(秋田市保戸野)。
とても素敵な笑顔で接客をしていた彼女に「ビビッ」ときた私!
お話を聞いてますます「まめだすとーく」にぴったりな人だ!と思い、その場で出演交渉したのです(笑)

中学生の頃から「何か人を助ける仕事をしたい!」と思っていたという門馬さん。
高校生になり具体的に将来の進路を考えた時、特別支援の教育を学びたいと大学を探したところ、秋田大学のホームページを見つけました。
ある先生の推薦文に心を打たれ「この先生のもとで学びたい」と、受験を決めたそうです。

秋田に移り住んで2年3ヶ月。
尊敬する教授のもとで、同じ思いを共有する先輩・同級生たちと学ぶ日々は充実していて
「人がとても温かい。秋田大学に進んで本当に良かった」と、門馬さん。
かつては交友関係も限られていたという門馬さんですが、ボランティアなどを通じて交友関係がどんどん広がったそうです。
お話しているときの門馬さんの笑顔がとってもとっても素敵なんですよ~!!

また大学はもちろん、地域の人たちやアルバイト先の店主・菅野利剛さんから人間としてとても学ぶことが多いそうです。
ボランティア活動にも積極的に参加したり、これからやりたいことのお話や、将来進みたい道についてなどを話す姿は本当にキラキラと輝いていて、私も佐々木先生も嬉しくなったのです。
彼女がこれからどんな道を進んでいくのか、とても楽しみです!!

2019年6月13日

MIRAI予想図を描く

6月9日の「まめだすとーく」は、心の花 東海林大心社長のご紹介で
「税理士法人MIRAI」代表社員税理士の澤田石 晶さんをゲストに迎えてお話を伺いました。

澤田石さんが独立・開業したのは、27年前の1992(平成4)年。
それまで約10年間、商事会社や会社の経理、経理学校の先生など、いろいろなお仕事を経験し、働きながら勉強をし続けて難しい試験に合格!
ちょうど、今の大心社長と同じような年頃だったそうです。

大心社長の今後の目標、いま考えていることなどについて「MIRAI」の担当者は、毎回じっくりと話しを聞いてくださるのだそうです。
その事に感謝し、心の安定につながっていると、大心社長はおっしゃっていました。

「数字だけではなく、同じ方向を見て考えてくれる、頼りになる存在なんです。」
澤田石さんは、大心社長の描く未来予想図に寄り添ってくれる心強い方でした。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved