ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年5月6日

たんぽぽ博士 今野孝一さんが手掛ける特産品!

2021年5月6日(木) かおり取材

人呼んで「たんぽぽ博士」 大仙市 今野孝一さん。
今野さんは、大仙市協和峰吉川地域を「日本タンポポ」で元気にしよう!と取り組み30年になります。

5

「『日本タンポポ』は、水・空気、土が綺麗な場所でないと生息しないため、逆に生息する地域は、環境がよいということが分かります」
今野さんは、大仙市協和峰吉川地域に咲く「日本たんぽぽ」を探し、地域で繁殖させてきました。

4

さらに「峰吉川の日本タンポポ」から名前を取って「よしかタンポポ」としてブランド化。その葉や根を使った、飴やパウンドケーキ、稲庭うどんやビールなど!!多彩な特産品を生み出しました。

10

これらの商品を県内各地の道の駅で販売してもらおうと巡った今野さん。
訪ね歩くうちに見えてきたのは「特産品づくりの難しさ」という「各地の道の駅が抱える問題」でした。

そこで今野さんは、自身が商品化をする中で得たノウハウを伝えようと動き出しました。
「秋田県が元気になるように」という思いからです。
「よしかタンポポプランニング」として、2020年の春から、今野さんは、各地の特産品づくりに本格的に関わるようになりました。
この1年で商品化した数は、なんと70種類に上ります!!

今野さんに、初めてお話を聞いた昨年春から、ラジパルも追いかけ続けていますが、商品開発の勢いは増すばかりです。
(ラジパルにマイクを向けられるのは、この1年でなんと4回目!)

大ヒットとなっているこちらの商品☆

セリオンリスタにある「自動販売機のうどんそば」のつゆを使ったパウンドケーキ!
あまじょっぱい味わいと歴史を刻んだ、自動販売機をリアルに表現したパッケージが人気です。

こちらを手掛けたのも今野さん。
パウンドケーキには、よしかタンポポパウンドケーキのノウハウが活かされています。
パッケージデザインは、デザイナーと話すごとにリアルの追及が深まり、夜を徹して考えられた!とか。

ke-ki

「道の駅が元気になることは、秋田が元気になること」
今野さんは、そう考えています。

1
          こちらは、今野さんが手がけた各地の特産品の飴の一部

8

3

その飴が一袋に入った「秋田まるごとペロリキャンディー」

11

各地でビールも商品化され、数種類の詰め合わせも好評だったそうです!


   
          さまざまなプリンも!(こちらはセリオンのつゆプリン)

今日は、鹿角、比内、上小阿仁、五城目、天王を回って、ラジパルとの中継場所セリオンに登場された今野さん。
「各地で話した次の商品案にワクワクして、今夜は眠れそうにありません」と、疲れすら見せず、なお、はつらつとした表情でした☆

さて、今野さん、次はどんな商品が登場の予定ですか?^^
「大館市 秋田犬の里 に渋谷から到着した 緑の電車「青ガエル」をリアルに再現したパッケージのパウンドケーキを製作中です。青ガエルの天井部分を再現するためにドローンを飛ばしてみてみたり、電車のプラモデルを購入して、車輪を再現するなど、手の込んだパッケージになりそう。納得いくまで吟味したいので、登場がいつになるか!?^^わかりません」とにっこり。

完成の際には、ラジパル!お伺いします🎤

峰吉川の日本タンポポの綿毛は、各地に広がり、花を咲かせている!
そう感じたラジパルでした✨

3

この先、今野さんがどんな商品を生み出していくのか♪
楽しみですね☆

*******************************
問:よしかタンポポプランニング
TEL: 018-838-7575 FAX:018-838-7576
********************************

「たんぽぽ博士のオンラインショップ」では、今野さんが手がけた
さまざま商品を手にすることができます。
またセリオンにも「よしかタンポポコーナー」が登場していますよ!