ABS秋田放送

2018年10月15日

秋田きのこの会!

はい、あんちかです。
今日は「きのこの日」ということで、秋田県林業研究研修センターにやってきました。
実は秋田には「秋田きのこの会」という会があります。
今日はお話を秋田きのこの会の菅原冬樹さんにうかがいました。

2s

秋田きのこの会とは平成20年に設立された、キノコ好きやキノコの研究をしている人達が集まっている会です。
日本中には約1万種、世界では約10万種もきのこの種類ってあるんですよ!でも日本で名前がついているものは約3000種。名無しのきのこがたくさんあります。

きのこのしくみ

今の時期、秋田の山で取れるきのこはまいたけ、しめじ、なめこ、きんたけ、もう少しすると、ぎんたけなどが出てくるそうです。
午前中に羽後町の山で取れた「きんたけ」を見せてもらいました。黄色っぽい金色で大きい。

きんだけ

またセンターで育てられているシメジも見せてもらいました。菌を植えて約4ヶ月でこうなります。

しめじ

最近はニュースなどで毒キノコを間違って食べてしまうというのを見ますが毒キノコの見分け方って?
「ない!!」
とひとこと。やはりキノコのことに詳しくないと難しいみたいです。自分がとってきたキノコが食べられるものか?毒キノコか?知りたい方は、こちらの秋田県林業研究研修センターへ行けば鑑定してくれますよ!

展示

また明日10月16日ブルーメッセあきたで、きのこのイベントが行われますので皆さん足をお運びくださいね!

アンナイ

☆秋田県林業研究研修センター☆
住所:秋田市河辺戸島字井戸尻台47-2
電話:018-882-4511