ニュース
テレビ
ラジオ
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
ABSあぷり
SNS

News

秋田のニュース全てのニュース
来春の知事選 鈴木健太県議が出馬に意欲を示す 集会に450人が参加 人口減少対策など県政の課題について考えを述べる
自民党の県議会議員で現在は県議会の副議長を務める鈴木健太氏が27日夜、秋田市で開いた集会で支持者などを前に来年春に行われる県知事選挙への出馬に意欲を示しました。鈴木氏は、政策を練り体制づくりを進める考えです。
ホームレス支援や大雨被害では被災者支援 歯車賞にあきた結ネット
秋田ロータリークラブは、奉仕活動などで地域に貢献した個人や団体に毎年、歯車賞を贈り表彰しています。今年は生活困窮者などを幅広く支援しているNPO法人あきた結いネットに歯車賞が贈られました
小型カメラを設置し女性の下着を盗撮 51歳の男を再逮捕
去年、秋田市で事務所の机に小型カメラを設置し女性の下着を撮影したとして51歳の男が再逮捕されました。
【訓練】「男が刃物をもって暴れる」 列車内や駅ホームで不審者対応訓練 避難誘導や応急処置など初動の手順を確認
列車の乗客乗員や駅員が危害を加えられる事件が全国的に相次いでいることを受け能代市にあるJRの駅で対応訓練が行われました。列車内で男が刃物をもって暴れるという非常事態。乗客を誘導する手順や警察・消防との連携などを確認しました。
プレステージ 大仙市にも進出 大型商業施設内に新たな事業所を開設 今春に操業開始
様々な企業からの委託を受けてコールセンター業務を担い、県内でも拠点を増やしてきた東京の企業が、今年4月にも大仙市に新たな事業所を開設することになりました。
給食で小1が窒息死 福岡での事故を受け県教委が通知 県内5市でウズラの卵の使用を控える対応
今月26日に福岡県の小学校で給食をのどに詰まらせた児童が死亡する事故がありました。ウズラの卵による窒息とみられています。事故を受けて県内でも学校給食でのウズラの卵の使用を当面控える動きが相次いでいることがわかりました。
小雪でリンゴのせん定作業進む 農家は遅霜を懸念
本格的な春の到来を前に県内一のリンゴの産地横手市では、せん定作業が盛んに行われています。果樹園もすでに雪がほとんどないところが多くせん定に励むリンゴ農家も今年は少し勝手が違うようです。
災害見舞金を贈呈 4645の個人・企業・団体から1億3600万円あまり 秋田放送・秋田魁新報社・秋田テレビの3社 目録を馳知事に手渡す
能登半島地震で被災した方々を支援するため秋田放送など3社が募った見舞金が石川県に贈られました。
秋田市が災害対策本部を廃止 去年7月の記録的な大雨被害で設置
去年7月の記録的な大雨を受けて設置した、秋田市の災害対策本部が28日で廃止となりました。最後の会議では住宅の復旧を支援する制度の申請が進んでいないことなどが報告され、対策本部は廃止するものの被災者一人ひとりに寄り添った支援を続けていくことを
穂積秋田市長 次期市長選への出馬は秋口ごろまでに態度表明
来年4月に4期目の任期が終わる秋田市の穂積市長は、5期目を目指すかどうか、今年の秋の始めごろまでには態度を表明したいという意向を明らかにしました。継続的に取り組む必要がある課題を挙げ、出馬に含みを持たせました。
上小阿仁の住宅にクマが侵入 冬も目撃続く
この冬、県内では各地でクマが目撃される異例の状況となっています。上小阿仁村の中心部では同じ住宅にこの1週間で2度にわたって、クマが侵入しました。住人の男性は「まさかここに入るとは予想もできなかった」と話しています。
中学生が自分たちで作ったしょっつるで”パーティー”
伝統の食文化への理解を深めようと秋田市の中学生がしょっつるを使った料理を作り、味わいました。使ったのは生徒がおととし6月に仕込み、一から作ったしょっつるです。特別な味をみんなで堪能しました。
わらび座新作ミュージカルは「ジャングル大帝レオ」
仙北市に劇場を設けて今年で50年となる劇団わらび座は手塚治虫の「ジャングル大帝」を原作にしたミュージカルを上演すると発表しました。
「家に火をつけるつもりはなかった」 放火の罪に問われた被告の女 2021年に住宅全焼
2021年に近所の住宅と車に火をつけ住宅を全焼させたとして、放火の罪に問われている54歳の女の裁判員裁判が26日、秋田地方裁判所で始まりました。女は「家に火をつけるつもりはありませんでした」と述べ、起訴内容を一部否認しました。
穂積市長「佐竹知事と来月にも再び意見交換」 外旭川地区のまちづくり事業めぐり意向
秋田市の穂積市長は外旭川地区のまちづくり事業をめぐり、計画に異議を唱える佐竹知事と来月にも再び意見交換を行いたいとの意向を明らかにしました。また計画の具体化を担ってきたイオンタウン側とも今後の計画の進め方について改めて協議する方針です。
新県立体育館 民間事業者のノウハウ活用で“稼げる施設”へ
2028年に完成予定の新たな県立体育館について県は整備や運営に民間事業者のノウハウを活用することにしています。事業者にはイベントなど自主事業の開催を条件に加えて、利益をあげる“稼ぐ施設”にしていく方針を明らかにしました。
梵天奉納祭 4年ぶりに奉納の団体“今回が最後になるかも・・・”
秋田市太平八田にある三吉神社総本宮で26日、梵天奉納祭が行われました。この神社では少子化と高齢化で参加する団体と梵天が年々少なくなっています。今回の奉納が最後になるかもしれないという梵天もありました。
県の省エネ家電購入応援キャンペーン 第2弾がスタート
県は節電効果の大きい家電、省エネ家電を購入した世帯に購入費用の一部を助成するキャンペーンの第2弾を26日スタートさせました。対象となる家電の省エネ性能が去年より引き下げられ、より幅広い製品で助成が受けられるようになりました。
育児中の母親たち フラダンス体験会 市民歌にもあわせて
湯沢市の子育て支援センターで26日、フラダンスの体験会が開かれ、育児中の母親たちがリフレッシュしました。
小中学生が熱戦 柔整旗争奪柔道大会
小中学生が団体戦で全県一を目指す柔整旗争奪柔道大会が25日秋田市で開かれ、選手たちが熱戦を繰り広げました。
国公立大学前期日程 県内3大学 トラブルなく2055人が受験
国公立大学の2次試験の前期日程が行われました。県内3つの大学でトラブルはなく25日の試験を順調に終えました。
ブラウブリッツ秋田 開幕戦黒星スタート
明治安田J2ブラウブリッツ秋田は今シーズンの開幕戦、愛媛FCと対戦し惜しくも敗れました。
県内3大学も 国公立大学で前期日程試験始まる
国公立大学の前期日程の試験が始まりました。県内3つの大学には合わせて約2400人が志願しています。
国スポ 少年男子リレー優勝 女子は皇后杯に輝く
今週水曜日に山形県で開幕した国民スポーツ大会、国スポのスキー競技は24日最終日を迎え、上山市で行われたクロスカントリー少年男子リレーで秋田県チームが見事優勝しました。スキー競技女子の総合成績第1位皇后杯も秋田県チームが手にしています。
美大生の作品を展示販売 値段は学生が設定
秋田公立美術大学で学ぶ学生の美術作品を展示・販売するイベントが秋田市で始まりました。
新鮮なワカメの直売会に“大行列”
由利本荘市の漁港で新鮮なワカメの直売会が開かれ多くの人が買い求めていました。
ガソリン価格前週と変わらず 灯油宅配価格は値下がり
県内の最新のレギュラーガソリンの平均小売価格は前の週と変わらず1リットルあたり171円でした。一方、灯油の宅配価格は6円下がって18リットルあたり2128円でした。
8ミリフィルムから未来を考える上映会
かつてホームビデオとして使われていた8ミリフィルムの上映会が秋田市で開かれました。県内の家庭などに眠るフィルムを集め保存・活用するこの取り組み。23日は新屋地区の歩みを振り返りこれからの発展に向けて意見を出し合いました。
かわいいグッズに多くの家族連れ サン宝石フェアにぎわう
子どもたちに大人気のかわいいアクセサリーやグッズを集めた販売会が23日から秋田市で始まりました。初日から多くの家族連れが訪れ買い物を楽しんでいました。
九州の人気グルメを集めた物産展にぎわう
九州の人気グルメを集めた物産展が、秋田市の西武秋田店で開かれています。祝日の23日は開店直後から多くの人でにぎわいました。
明治時代の造り酒屋をひな人形が彩る
3月3日の桃の節句「ひなまつり」を前に、県内では各地でひな人形を展示する催しが開かれています。鹿角市では、明治時代に建てられた造り酒屋だった建物で展示が行われていて、華やかなひな人形が会場を彩っています。
ガールズミニバスケットボール大会 約200人が熱戦
小学生の女子だけの大会ナイスカップ、ガールズミニバスケットボール大会が由利本荘市で開幕しました。およそ200人が参加し熱戦を繰り広げています。
秋田市で住宅1棟全焼 けが人なし
23日午前秋田市で住宅1棟を全焼する火事がありました。住宅地の一角から立ち上った黒煙と炎に現場は一時騒然としました。
全国育樹祭 2027年に招致へ
県は3年後の2027年に開かれる全国育樹祭を秋田に招致する方針を示しました。
秋田市職員 酒気帯び運転で停職6か月
去年12月、酒気を帯びたまま自家用車を運転した秋田市の50代の男性職員が、22日付で停職6か月の懲戒処分となりました。
季節外れの暖かさから一転 真冬の寒さ
22日朝にかけて広く雪が降り各地で積もりました。2月ですので当たり前の光景ではありますが久しぶりに雪景色が広がりました。積雪の観測は横手市が今月14日以来、1週間ぶり秋田市は10日ぶりです。
能登半島地震の山林被害の調査 東北森林管理局から職員派遣
能登半島地震では山林も斜面が崩落するなど甚大な被害が出ていてます。被害の調査などを担い技術面で支援するため、秋田市に本庁がある林野庁東北森林管理局の職員が被災地に派遣されることになりました。