ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS

News

秋田のニュース全てのニュース
県内で新たに2人感染確認 合計34人に
県内で新たに2人の新型コロナウイルスへの感染が8日に確認されました。県内での感染確認はこれで34人となります。
羽後町の60代男性 熱中症で死亡 今年初
6日、羽後町で60代の男性が熱中症とみられる症状で死亡していたことがわかりました。県のまとめでは県内で熱中症で死亡した人は今年はこれが初めてです。
県内大雨の見込み 土砂災害などに警戒を
前線や低気圧の影響で県内は8日夜から9日にかけて大雨となる見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。
能代工業高校バスケ部は全員陰性
新型コロナウイルスへの感染が確認されたJR東日本秋田支社バスケットボール部の選手などの濃厚接触者のうち練習試合をした能代工業高校バスケ部の選手など20人全員が検査で陰性でした。
県内の感染確認 1日で新たに14人
JR東日本秋田支社のバスケットボール部の選手とその家族など合わせて14人が新型コロナウイルスに感染していることが7日、新たに確認されました。
パソコン盗み免職 酒気帯び運転で停職
秋田市役所からパソコンを盗んだとして在宅起訴された秋田市教育委員会の男性職員が懲戒免職となり、秋田市の33歳の男性職員が酒気帯び運転の疑いで警察に検挙され、停職1年となりました
秋田港の北防波堤 有料で開放へ
秋田市飯島にある秋田港の北防波堤が8日から釣り場として有料で開放されます。地元からは新たなにぎわい創出の拠点として期待の声が上がっています。
点字図書館で小学生向けの教室を開催
秋田県点字図書館で、夏休みの小学生向けの教室が開かれました。子どもたちは新たな経験や学びを得て目の不自由な人の暮らしや点字図書館の役割への理解を深めました。
小中学生の女子対象 建設業の体験学習会
県は建設業の女性の担い手を増やそうと、小中学生の女子を対象にした建設現場での体験学習会を開きました。参加した児童生徒は現場で使われている機材や道路の材料にも触れ、理解を深めました。
アニメ制作会社が県と秋田市の誘致企業に
埼玉県川口市のアニメ制作会社が秋田市に本社を移転し、県と秋田市の誘致企業に認定されました。秋田を拠点に日本を代表するアニメスタジオを目指したいと意気込んでいます。
県内あさってにかけて大雨のところも
低気圧や前線の影響で、県内は強い雨が降ったところがありました。9日夕方にかけては非常に激しい雨がふり大雨になる所がある見込みです。
JR秋田支社バスケ選手など8人感染確認
JR秋田支社のバスケットボールチームの選手と家族あわせて8人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。秋田市は感染者の集団クラスターが発生したという認識を示しています
6日も厳しい暑さに 9日にかけては大雨
連日、厳しい暑さが続いていて県内は6日も多くの観測地点で30度を超える真夏日となりました。この先、うだるような暑さは幾分やわらぎそうですが、9日にかけては大気の状態が不安定になるため、大雨となるところがある見込みです。
公立高校の募集定員 全日制が7093人
来年度の公立高校の入試概要が発表されました。募集定員は全日制で7093人と今年度より87人少なくなっています。
台湾とオンライン商談会
新型コロナウイルスの影響が広がるなか、製造業の販路拡大につなげようと県が秋田と台湾を結ぶオンライン商談会を開き、県内企業が自社製品を売り込みました。
ミニ警察官が交通安全呼びかけ
今月1日から行われている夏の交通安全運動に合わせて、秋田市で警察官姿の園児たちと地元のヒーローが交通安全を呼びかけました。
ピンクのフェースシールド ハピネッツに
秋田市の電子機器製造会社から秋田ノーザンハピネッツにフェースシールドが贈られました。チームカラーをイメージしたピンク色で、イベントやホームゲームの会場でスタッフが着用し、ファンに対応します。
渋谷の“青ガエル”大館に到着
東京・JR渋谷駅のハチ公前広場で観光案内所として使われていた東急電鉄の車両、通称“青ガエル”が秋田犬・ハチ公のふるさと大館市に移送されました。
七夕絵どうろうストリート
新型コロナウイルスの影響で中止となった湯沢市の伝統行事、七夕絵どうろうまつりの代わりのイベントが5日夜から始まり、あでやかな美人画が商店街を彩っています。
再生可能エネルギーの地産地消
県と東北電力は県営の水力発電所で作られた電気を、地元企業に供給する再生可能エネルギーの地産地消を進めています。第一号の供給先の企業ににかほ市のTDKが選ばれました。秋田の水力100%の電気で所有する施設を動かします。
従軍看護婦の遺影を清掃
秋田市で5日、戦地で救護活動にあたった従軍看護婦の慰霊が行われました。県内から召集された従軍看護婦は400人以上。うち23人が命を落としています。その後輩にあたる人たちが殉職者の遺影や記念の像を清掃し追悼の祈りを捧げました。
秋田県の最低賃金「時給792円に」答申
パートやアルバイトを含めすべての労働者に対して最低限支払わなければならない金額、最低賃金は都道府県ごとに定められています。秋田市で開かれた審議会は秋田県の最低賃金を現状から2円引き上げ時給792円にするよう秋田労働局に答申しました。
ドライアイスで実験 科学のおもしろさ体感
身近なものを使った実験で科学への理解を深めてもらおうと、羽後町で夏休み中の子どもたちの実験教室が開かれました。5日は「ドライアイス」を使ったさまざまな実験に挑戦し、科学のおもしろさを体感しました。
写真で伝える歴史と熱気 竿燈まつり写真展
新型コロナウイルスの影響で今年の竿燈まつりは中止となりましたが、まつりの歴史や熱気を感じてもらおうと秋田市で写真展が開かれています。
プレミアム飲食券 購入枚数制限を撤廃
販売が伸び悩んでいる県のプレミアム飲食券について、5日(水)から購入枚数の制限が撤廃され1人何枚でも購入できるようになりました。
感染対策も 避難所の開設・運営訓練
仙北市で小中学生などが参加し、大雨を想定して避難所を開設する訓練が行われました。新型コロナウイルス対策も求められる中での避難所運営。訓練で見つかった課題をもとに今後の避難計画を検討することにしています。
キリンの赤ちゃん すくすくと
秋田市の大森山動物園で7月、13年ぶりにキリンの赤ちゃんが誕生しました。順調に成長していて、その可愛らしい姿を一目見ようと夏休みに入った子どもたちなどが訪れています。
静寂の中 自分と向き合う座禅会
鹿角市の寺で夏休み中の地元中学生が座禅と写経を行いました。生徒たちは静寂の中で、心を落ち着かせ、自分自身と向き合いました。
秋田市 福祉避難所に新たに1施設
秋田市は介護が必要な高齢者や障害者など、災害時の避難生活に配慮が必要な人たちを受け入れる福祉避難所に新たに1施設を指定しました。秋田市としては85か所目となります。
30酒蔵がタッグ“美酒王国秋田”をPR
県内30の酒蔵が協力した特別限定酒が発売されました。それぞれの酒蔵が手掛けた自慢の日本酒に統一したラベルを貼り、秋田の酒を県の内外に広くPRします。
PCR検査数急増 知事「慎重な行動を」
新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確認するPCR検査の件数が県内では、前の週から3倍以上増えていることがわかりました。佐竹知事は、「県外の人と接触している人が増えている」と述べ、県民に慎重な行動をするよう改めて呼びかけました。
大雨の農林関係の被害額4億5000万円超
先月末の大雨で農林関係の被害額が4億5000万円を超えたことが県のまとめでわかりました。また建物への被害は164棟で確認されています。
警察官が感染したら…警察署で対応訓練
警察官が新型コロナウイルスに感染したことを想定した訓練が能代警察署で行われました。参加した署員が感染拡大防止と業務継続のための初動対応を確認しました。
1杯目無料 横手の日本酒をお得に
全国新酒鑑評会で入賞した横手市内の4つの酒蔵の日本酒をお得に楽しめるキャンペーンが横手市で行われています。本来は1杯1000円から1500円程の日本酒が1杯目無料。2杯目以降も600円で楽しむことができます。
プレミアム宿泊券 1万3600枚再抽選へ
県が発行するプレミアム宿泊券について、期限までに1万3600枚が引き換えられなかったことがわかりました。落選者を対象に4日、再抽選が行われます。
団欒の群像 除幕式
ボランティア団体が秋田市に寄贈した銅像=「団欒の群像」が団体の創設60周年に合わせて修復され、除幕式が行われました。
感染収束願い 竿燈まつりの神事を実施
新型コロナウイルスの影響で竿燈まつりが中止となる中、秋田市の神社で感染収束を願い神事が行われました。