ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS

News

秋田のニュース全てのニュース
特養老人ホーム男性職員約2900万円着服
北秋田市の特別養護老人ホームに勤める20代の男性職員が施設の運営費など2900万円近くを着服し、懲戒解雇されていたことがわかりました。
“川反”のビル入居の店で火事 一時騒然
18日未明、秋田市の繁華街のビルに入居するナイトクラブで火事があり店の床や天井の一部を焼きました。けがをした人はいませんでしたが辺りは一時騒然としました。
新型コロナ2人 5人未満は8月2日以来
県内で17日新たに新型コロナウイルスへの感染が発表されたのは2人でした。1日の感染者の発表数が5人未満となるのは、8月2日以来です。
介護現場の最前線を高校生が学ぶ特別授業
県内でも慢性的な人出不足が続く介護業界に興味をもってもらい人材確保につなげようと羽後高校で特別授業が行われました。
行動制限緩和の条件 慎重に見極める考え
政府はワクチンが広く行き渡る11月ごろをめどに行動制限を緩和する方針を打ち出しています。これについて佐竹知事は緩和するための条件など政府の対応を慎重に見極めていく考えを示しました。
小坂町特産のワインに使うブドウ収穫最盛期
小坂町から実りの秋の便りです。小坂町特産のワインに使うブドウが収穫の最盛期を迎えていて、たわわに実ったブドウを農家が摘み取りました。
立て続けに2人がクマに襲われてけが
17日未明、潟上市で75歳の男性と84歳の女性が立て続けにクマに襲われてけがをしました。2人とも同じクマに襲われたとみられていますが命に別条はないということです。
自民党総裁選挙告示 県連も投票用紙発送
事実上の菅総理の次の総理大臣を決める自民党総裁選挙が告示されました。投票は国会議員と全国の党員・党友によって行われます。
“感動を再び”東京オリ・パラの関連品を展示
7月の下旬から今月上旬にかけて開催された東京オリンピック・
営農継続支援を JA秋田中央会が県に緊急要望
コメ農家の大幅な減収が避けられない状況となっている今年の稲作について、JA秋田中央会は、県に対し、営農が継続できるよう農家への資金融資などの対策をとるよう求める緊急の要望を行いました。
新型コロナ新たに12人 秋田市では延べ1000人に
県内では16日、新たに12人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。このうち秋田市は6人で、去年3月に初めての感染者が確認されて以降、累計で延べ1000人となりました。
秋空のもと各地で稲刈り進む
厳しい環境のなか迎えたコメの収穫期。秋田市内でも、あきたこまちの稲刈りが本格化しています。
大館 五百川の新米できりたんぽづくり
 きりたんぽの“本場”大館市で、地元の新米を使ったきりたんぽ作りが行われました。今年の新米は上出来で、甘さも弾力もたんぽ作りにぴったりだということです。
佐竹知事“年末年始の県外との往来は慎重に判断”
県議会は16日、一般質問が始まりました。佐竹知事は、年末年始の県外との往来について「新型コロナウイルスの感染状況をみながら自粛要請の段階的な緩和を慎重に判断したい」と述べました。
県内景気「緩やかに持ち直している」判断据え置き
日銀秋田支店は、県内の景気について「厳しい状態にあるものの緩やかに持ち直している」という判断を、2か月連続で据え置きました。
花園切符をかけ高校ラグビー県大会 組み合わせ決まる
全国高校ラグビー県大会の組み合わせ抽選会が開かれました。今年も10月、1枚の花園切符をかけた熱戦が行われます。
県内有数の観光スポットに異変 田沢湖の水位が低下
今年は梅雨もそこそこに夏本番がやってきて、厳しい暑さが続きました。そして雨が降らない期間も長く続きました。6月以降の降水量が、平年を大きく下回る仙北市の田沢湖は、例年になく水位が低い状態が続いています。
上小阿仁村 食用ホオズキの収穫最盛期
上小阿仁村で特産の食用ホオズキの収穫が最盛期を迎えています。今年は害虫の被害もあり、収量は落ち込んでいるものの、ぐっと甘さを蓄え、例年よりも糖度の高いホオズキが多いということです。
新型コロナ新たに5人 9月は30代以下が7割超
県内では15日、新たに5人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。9月は半月で172人の感染が発表されていて、30代以下が7割以上を占めています。
100歳以上 県内は834人 最高齢は112歳
100歳以上の高齢者が、県内には834人いることがわかりました。800人を超えるのは初めてで、最高齢は112歳となっています。
救急車の走行を妨害 男性会社員(20代)書類送検
秋田市の路上で緊急走行中の救急車の走行を複数回にわたり妨害したなどとして、20代の男性会社員が書類送検されました。
鶏めし弁当の花善 パリ・リヨン駅に店舗
大館の名物駅弁、鶏めし弁当を製造販売する花善が、11月からフランス・パリのリヨン駅に店舗を構えることになりました。大館市の小中高校や国際教養大学とともに新たな弁当を開発して、現地で秋田の食のPRを図ります。
中山なし 収穫盛んに
大館市の中山地区では特産の中山なしの収穫が盛んに行われています。今年もみずみずしく、甘い実に育ったということです。
ハピネッツスポーツ教室 シニアも
バスケットボールの秋田ノーザンハピネッツは来月、新たに60歳以上を対象にしたスポーツ教室を開設します。本格的なスタートを前に14日、体験会が開かれ参加者が楽しみながら体を動かしました。
未成年の消防士 飲酒で補導
にかほ市消防本部の未成年の男性消防士が先月、同僚と酒を飲み、警察に補導されていたことがわかりました。
新スタジアム 穂積市長「できるだけ民間資金を活用」
秋田市議会は一般質問が始まりました。秋田市が外旭川地区を建設候補地にしている新たなスタジアムについて、穂積市長は「できるだけ民間からの資金を活用するなど、県民市民の理解が得られるよう努めていく」と述べました。
扇田小5年生 曲げわっぱの弁当箱作りに挑戦
大館市の小学校では、伝統工芸品の「曲げわっぱ」に理解を深めてもらおうと、毎年、授業で制作体験を行っています。作るのは曲げわっぱの弁当箱。児童たちは職人から手ほどきを受けながら作り上げました。
新型コロナ新たに6人 10代以下の子ども3人
県内では13日、新たに6人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。このうち3人は、保育園の園児や、小学校に通う児童など、10代以下の子どもです。
社会人ラグビー トップイーストリーグが2年ぶり開幕
社会人ラグビーのトップイーストリーグが2年ぶりに開幕しました。5チームで争うグループBの秋田ノーザンブレッツは、12日にホームの秋田市で開幕戦に臨みました。
高校野球秋の県大会 出場19校の組み合わせ決まる
高校野球は、春のセンバツ甲子園へとつながる秋の県大会が18日土曜日に開幕します。出場19校の組み合わせが決まりました。
男鹿梨の直売会 販売開始1時間で完売
男鹿市の道の駅オガーレで12日、ナシの直売会が開かれました。旬の味を求める多くの買い物客でにぎわい、販売開始からわずか1時間ほどで完売しました。
アキリビコレクション 学生が美容技術を披露
秋田市の専修学校の発表会=アキリビコレクションが11日開かれ、学生たちがヘアスタイリングやメイクの技術を披露しました。
湯沢市小野の交通事故 入院の軽トラ男性も死亡
10日、湯沢市で軽トラックと軽乗用車が衝突し、軽乗用車を運転していた89歳の男性が死亡した事故で、病院に入院していた軽トラックの71歳の男性も死亡しました。