ABS秋田放送

2020年1月17日

第21回 のしろまち灯り 2020

かおりです!
1/26(日)能代市役所南側広場「さくら庭」と「旧議事堂」を会場に
「のしろまち灯り」が開催されます!
木と環境にこだわった灯りで 能代の町が 明るく灯され
ホットなひとときを過ごせる冬のイベントです。

集合 こちら

お話を、のしろまちあかり実行委員長 能登祐子さん
当日、総合司会でイベントを盛り上げる 小林建彦さん
灯り部門隊長 平山はるみさんに 伺いました!

インタ 2

能代市では、環境に配慮した まちづくりの取り組みとして「廃食油」の
回収を市内17箇所で行っています。
のしろまち灯りでは、回収された「廃食油」を使った ろうそくを製作。
杉の丸太に入れ、火を灯します。
ろうそくの製作は、能代市内の子どもたちも行うのだそう。
自分たちの給食で使った「油」も、こうしてリユースしています。

杉灯り

また、能代支援学校の生徒さんは、神社やお寺で使った ろうそくを
リユース!
能代市内の食堂などの協力で 集めた「ワンカップ」のコップに
溶かし入れ、ろうそくを製作しています。
「今日、製作が行われ、皆さんがんばって、予定の個数を大きく越えた
 ろうそくが完成しました」と灯り部門隊長 平山さん

灯り 紙袋

インタ1

また、当日は、灯りを手に、会場をまわることも出来ます。

手持ち灯り

手作りのテトラのパックの中には、小さなLEDの灯りが揺れます。
鈴がついた、こちらの手持ちの灯りを100個用意したのだそう。
テン、テン は、平川慧さんの作品です。
能代市で ドライフルーツとナッツのお店を開く「木能実」さんが
包装紙としているものだそう。「のしろのたから」として
この包装紙にしたという「木能実」さん。
のしろまち灯りでは、絵が灯りで照らし出されます。

image

灯りの点灯式は17時
それまでは、旧議事堂で来場した方が楽しめるイベントが開催されます!

コロコロ ページ

なんと! トイクリエーターの野出秀和さんが登場!!
11組が参加し、製作した「コロコロドミノ装置」が動くのです!

コロガス

目の前で、特別に!コロコロドミノをひとつ動かしていただきました。
手作りのコロコロドミノ装置は、身近な日用品などで製作され
能代の木材店から提供された「木っ端」をふんだんに使っています!

ドミノコロコロ

(製作したこどもたちの様子「夢工房咲く咲く」にて)

また、最後は、秋田杉で製作した大きな
木の道に、木の玉を転がすことがポイント!
11組すべてのコロコロドミノ装置を、この木の道で襷リレーのように
繋いでいくのだそう!
どんな動きが つながっていくのか!

会場の方 みなさんが、コロコロドミノ装置に心をひとつにする時間に
なりそうですね! 16:30~。17:30~、18:30~と
三回 動きます! 私も!実況中継でその様子を会場でお伝えします♪

装置

こちらは、小さなコロコロドミノ

旧議事堂

木のおもちゃで遊べるコーナーも!

また、会場には、能代のおいしい食べ物も集合!
白神ネギをふんだんに使ったメニューの他
「木の粉」を使った「木のコッペ」も登場します。
白神ねぎのんちゃんも やってきますよ!

飲食

「星のおねえさん」 地域おこし協力隊 八巻枝美さんとの
キャンドル作りや、星を見上げる観察会も 開催されます。

akari_o

あかり

やさしい灯りの中、幅広い世代の方が 冬のひとときを あたたかく
過ごせそうですね! 
ぜひ、お出かけ下さい!

午後2時 スタートです!