ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2013年7月16日

秋田県美容技術選手権大会@秋田キャッスルホテル

ABS news every.取材記 2013.07.08(月)

若手美容師などの技術を競う第41回秋田県美容技術選手権大会が7/8(月)秋田キャッスルホテルで開催されました。

美容師と、美容師の卵である専門学校生など総勢64人が出場しました。
比較的若手が多かったですねー。


この大会結構な観客も来てます。ほとんどが美容師。だから月曜日に開催しているわけです(笑)

7つの部門で優勝を競きました。競技はスポーツだけじゃない!
どんな部門があるかというと

「ワインディング競技」・・・髪をロッドに巻きつけるスピードと正確性を競う競技ヘアマネキン使用。


ワインディング 田村は無縁

「ストリートカット競技」・・・モデルを使ってカットするストリート≒まちなかでもイケてる  且つ 独創性のある芸術的すぎないカットを競う。


ストリートカット競技の結果 こうなります

「カット&ブロー競技」・・・文字通りカットとブローの技術を競う。ヘアマネキンを使って斬新なスタイルにする人が多いですねえ


斬新なカット&ブロー しあがりは

「アップスタイル競技」・・・女性が披露宴に出席するときのアップスタイルに仕上げる。花を使ったり、いろいろです。出来栄えを競います


アップスタイルは 披露宴の女性参加者必須ですね。ともすれば倉科遼さんの世界「ネオン蝶」なんかいいですねー

そして美容室は、トータルコーディネートもするところが多いので「洋装ブライダル競技」「中振袖着付競技」「黒留袖着付競技」という着付けの出来を競う競技も実施されました。

中振袖は「ちゅうふりそで」と読みます。読めませんでした(汗)

着付けのときはしっとりした音楽が会場に流れ、カットやブローやワインディングのときはアップテンポな音楽が会場を盛り上げていました。ショーアップされてました!

インタビューは秋田県美容同業組合 理事長の山本久博(ヒサヒロ)さんが答えてくださいました。

「派手なだけでも奇抜なだけでもだめ。テクニックに頼り 過ぎてあんまり無茶なことしても、結果的に町で一般の皆さんに認められないと駄目。素敵だなって思われるヘアスタイルを創り出すのがこのコンテスト」だそうです。特にストリートカット部門はそうなんですね。

むかーしむかし、エポック社の「ゆかいなとこやさん」というおもちゃがありました。粘土をギューーーーーーッと頭に詰めていくと、髪の毛がうにょーーーーーーーっと生えてくる、それをチョッキンチョッキンするという面白おもちゃです。最近は、復刻版があるみたいですね。

でも、それは理容師、今回は美容師です。
田村がカットしもらっているのは「カットハウスM」という理容店です。ヨンちゃんプレミアクラブのランキングにも掲載されてます。

そんでもって今日のカメラマンは竹内誠さん いくぜ4連発

会場には業者のみなさんも来て、いろいろPRしてました。

こちらは美容機材卸「佐とう美容商会」のみなさん。 
ドラッグストアじゃ買えない商品を扱ってます。

<
中央は佐藤真人さん。普段買えないようなプロ仕様のものを扱ってます。なんか業務用ってかっこいいですよねー

各部門の優勝者です。敬称略

・ストリートカット 伊藤由果(ユカ)     ハッピー・ヒロ(大館市)
・カット&ブロー  能村研哉(ノムラケンヤ) ハッピー・ヒロ(大館市)
・洋装ブライダル  村木有穂(ユウホ)  シャトーイオン店(秋田市)
・中振袖着付    安部智美(アベトモミ)カッティングルームスカイ(横手市)
・ワインディング 下総まどか(シモフサ) 
・アップルスタイル 高橋久美子(クミコ)
・黒留袖着付    武田裕子(ユウコ)

10月22日に神奈川で全国大会が開催されます。
去年、全国大会の「カット&ブロー競技」で入賞したのは秋田県ではハッピー・ヒロの能村研哉さんだけ。
県大会は今年も優勝して、そして全国での上位進出を狙います!

がんばってくださいね 能村と書いてノムラと読むそうです。
ちゃんと写真撮っておきましたし、当日のニュースでもエンドカットで使わせてもらいました!


ベベン

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved