ABS秋田放送

2019年9月5日

暮らしに木のぬくもりを・・・MOXIAモクシア

ゆみこです。木都のまち、能代市二ツ井町にある県北パネルさん。
主に階段やカウンターなど住宅の建材を大手ハウスメーカーなどに提供、切削から塗装までを一貫して自社工場で行っている製造会社です。

木1

木2

木3

こちらで主に事務を担当しています倉持美帆さんが2015年に立ち上げた
木を使った文具雑貨のブランド「MOXIA」(モクシア)についてお聞きしました。

ブランド名には「木」モク + 「XIA」ギリシャ語で「価値のあるもの」という意味が込められています。
MOXIAを立ち上げたきっかけとなったものの1つに、従業員の皆さんは今まで自分が作った物の完成形を自分で見るという機会がなく(ここで作られた建材を組み立てるのは設置される場でのことなので)
またこの地域の方々や従業員のご家族にも「うちの会社ではコレを作ってますよ」と言える物を作れる場があった方がいい、
どんなことをやっている会社なのかを知ってもらえるきっかけ作りになればいいなとの思いがあったそうです。
そんな中、出来上がったのがこちら「木のノート」です。

木4

木5

A5サイズでしっかりとした強度のある表裏の表紙が木で出来ています。
とにかく品質の良さなど、こだわりの逸品。
秋田杉はあえて塗装せず、ノートに触れるたびに杉のいい香りがします。
他にも優しいクリーム色で小さくて丸い模様が特徴のバーズアイメープルや
ウォールナット、ローズ、エボニーとどれも高級感と温かさを感じます。

木6

木7

そしてもちろん紙にもこだわりが。
紙は国際的にも真価を認められているツバメノート株式会社の最高級ツバメ中性紙フールスを使用。
一万年以上永久保存が利く、書き心地にもこだわった逸品です。
実際に倉持さんもこの木のノートを使ってメモをとっていました。
さりげなく、だけど高級なものを。THE 大人。

「人に贈れるものを作りたかった」「もったいなくて使えないという言葉が最高のほめ言葉」

手にした瞬間にまさにそう思いました!!
ずっと残しておきたい大切な言葉や 子どもの成長記録、
大切な日記として後から何度でも読み返したくなるようなノートです。
1つ3,500円(税抜き)と、ノートとしては高級です。
でも贈り物で人にあげたい・もらいたいと思えるものですよね^^

木8

木の温もりを身近に感じたい、という方は「あきた県産品プラザ」や
とみや秋田店などで取り扱っていますよ。
詳しくは(株)県北パネルまで^^

木

****************
株式会社 県北パネル

秋田県能代市二ツ井町麻生字上ノ野9-4
TEL:0185-73-2732
FAX:0185-73-2225