ABS秋田放送

2018年4月23日

ラーメン屋台「天寿の郷(さと)」勝長征一さん

おしゃべりは心の栄養!
秋田にも桜の季節がやって来ましたね。
4月22日の「まめだすとーく」は、秋田市太平川の観桜会会場へ佐々木和貴先生と一緒に出かけ、屋台で中華そば屋さんを営む勝長征一さん(73歳)とおしゃべりしました。


「天寿の郷」という屋号で、中華そばの移動販売を行っていらっしゃる勝永さん。
移動車には“健康寿命で100歳を迎える”“世のため 人のため 自分のため”と書かれており、勝永さんの健康・長寿への意識が強く感じられました。
目指しているのは、天寿!だそうです!!

勝永さんは若い頃、北海道で営業の仕事をしていた当時、札幌で食べた数々のラーメンの中から自分が一番好きだった味を研究し、37歳の時 ふるさと秋田に戻り、秋田市保戸野でラーメン店を始めたそうです。
店舗も増え、繁盛していたのですが腰を痛めてしまい、惜しまれつつ閉店。
その後、ガソリンスタンドで働きながらコツコツと資金を貯めて、現在の屋台での営業を牛島橋通り沿いの空きスペースで始めました。
毎年、太平川の観桜会での出店を楽しみに待っているお客様もいらっしゃるんですよ。


勝永さんにとって屋台とは、社会と繋がりを持つこと!!
頂いた「中華そば(400円)」は、勝永さんの穏やかなお人柄が表れるような、懐かしくって身も心も暖かくなる味でした。

さて、先日ABSを卒業した私。
ABSのOB会に初めて出席しました!!



大先輩や、かつての仕事仲間に久しぶりに再会!とっても楽しい時間を過ごしました♪

2018年4月16日

いぶりばでぃ!!

4月15日の「まめだすとーく」は、
秋田大学教育文化学部教授 佐々木和貴先生の案内で、秋田大学に出かけました。
佐々木先生の研究室に案内頂くと、学生の石山洋子さんがいらっしゃいました。

秋田大学は、秋田に伝わる伝統的な漬物「いぶりがっこ」を、横手市山内地区の皆さんから指導を受け、昔ながらの作り方で「いぶりがっこ」を作って販売をしています。
学生のみんなで作ったという意味の『everybody』といぶりがっこの『いぶり』をかけた、
その名も「いぶりばでぃ」

栽培から製造・販売まで全ての工程に学生が携わり、販売するとすぐに売り切れるという大人気商品なんですって。

秋田大学で学びながら、海外からの留学生や自身の留学などを通して世界を知り、その中で出来ること、これからの取り組みなど、石山さんは秋田大学の魅力について熱く語ってくださいました。

~取材後~

早速、「いぶりばでぃ」を実食!

味も歯ごたえもバッチリ☆美味しくいただきました♪

さて、局アナを卒業してフリーアナウンサーになった私を、大好きなフジン会の仲間がお祝いしてくれました!
偶然にも、今回会場になった場所は、1回目の「まめだすとーく」(ブログはこちら)でお世話になった秋田市広小路「チャペルハウス」のオーナー、新開昇子さんが経営するお店だったのです。さすが!センスが良い!



ランチタイムは、大人の女性でいっぱいだったこのお店は、夜になるとお客様がほとんどスーツ姿の男性で、客層がガラッと変わったのに驚きました。
県外からの出張でいらっしゃる方などが多いそうです。
昼夜関係なく居心地が良くて、おしゃべりが大好きな私たちにはぴったりのセンス溢れるお店でした。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved