ABS秋田放送

2019年11月7日

あさ採りワイド6000回

1年ぶりにブログを書く賀内です。

ABSラジオの「あさ採りワイド秋田便」は、放送6000回を迎えました。
1996年10月、それまで放送していた「ABSおはようワイド」(7時25分~9時)と「サンサンモーニング」(9時40分~11時)が合併して、3時間半を超えるワイド番組としてスタート。
私は1998年4月8日から、ことし2019年の3月27日まで、21年間担当しました。

6000回記念のゲストとしてお声がかかり、10月31日に出演、というスケジュールが来たのですが、私、その日は会議で長崎なのです。
やむなくキャンセルかと思われたのですが、しかし。
これまで、福岡とか大阪とか、出張先から電話でリポートしたことは、何度もあったので、今回もそのスタイルで行こうと決まりました。

ホテルの部屋からでは、現地の空気が伝わらなくてつまらない、せっかくだから外でリポートしよう、と、長崎駅前の歩道橋に腰を据えました。

長崎駅前

9時10分、スタジオの鶴岡さんとトーク開始。
「地元のテレビでは天気予報で、明日は放射冷却で冷え込む、と言っていましたが、9時を過ぎて気温は15度、寒くありません」という第一声に始まり、スタジオの鶴岡さんと、いろんな思い出を話しました。

2008年7月には、鶴岡さんがラジパルに乗って、土崎の港まつりを朝から中継しました。
このときは、「歌のない歌謡曲」を担当していた物袋綾子アナウンサーも同乗し、曳山の前から生放送でお送りしました。

「お料理中継」も、忘れられないコーナーでした。
社内の給湯室をキッチンにして料理を作り、それをスタジオで食リポするのですが、私は稲庭うどんをゆでたのでした。
実に簡単で、美味だったのですが、鶴岡さんの「このレシピは失敗する余地がない」と、ほめてるんだかどうだかわからない微妙な感想も、いい思い出です。
尾崎朋美アナウンサーも、お料理を作りましたねえ。

道路も屋根も雪で埋まったのが、2006年の「平成18年豪雪」
列車もバスも運休、それを知らない人たちがバス停に列を作って待っている。
カーラジオで「バス運休」を聞いた人が、バス停に車を寄せて「運休だよー」と教えてあげた、そんなエピソードもありました。

出張先からの電話リポートは久々で、終わったあと、長崎駅前で「はー」と息をつきました。

トルコライス

出張というのは、全国のアナウンス部長会議で、仕事に専念しましたので、長崎名物のトルコライスに舌鼓を打ったなどということは全くありませんでした(そうか?)。

7000回、8000回に向かって、きょうも歴史を積み重ねる「あさ採りワイド」を、これからもどうぞお聞きください。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.