ABS秋田放送

カテゴリ「鶴岡慶子」のアーカイブ

2015年9月3日

モダンバレエを見に行こう

鶴岡です。
9/13(日)、「現代舞踊公演 モダンバレエパフォーマンス in 秋田」が開かれます。
場所は、秋田市文化会館。13:30開演(13:00開場)です。
東北で活躍中の舞踊家が出演し、今回は52回目となる伝統の公演です。
東北各県で、持ち回りの開催ですが、2011年の震災の年は行われなかった為、秋田での開催は7年ぶりです。
秋田からも6団体バレエ団が出演しますが、9/3の「あさ採りワイド秋田便」では、スタジオに奥村信子バレエ団主宰の奥村信子さんと、研究生の松沢美香さんにお越し頂きました。
まずは、お二人がスタジオに入るとき、スタッフ一同見とれてしまいます。
歩く姿に美しさ、姿勢の良さ、細く伸びた腕、脚。
細いのに、引き締まった強さも感じます。

奥村信子さんは、このほど、「遊・KABUKI」という作品を発表しますが、モダンバレエと歌舞伎(和)を融合させた作品です。
連獅子の音は使いながらも、その音からイメージした奥村さんが創り出すストーリーを表現しているということです。

今回の公演では、それぞれが創作バレエですから、各バレエ団が描くストーリーもみんな違って、みんな良いことでしょう。
また、好きなバレエ団ができたら、そのバレエ団の発表会やリサイタルに出かけるのもいいですね。そのきっかけにいいのではないでしょうか。
ちなみに、奥村信子バレエ団は、12/5(土)に秋田市文化会館でリサイタルを行うそうです。

創り出す人、それを受け取って表現する人。
ゲストのお二人の師弟愛も強く感じました。

公演のお問い合わせは、
公演事務局:川村 泉 舞踊団 018-864-5980

---*---*---*---*---

チケットプレゼントのお知らせ
前売り券・当日券ともに2,000円です。
このチケットを3組(6名)にプレゼント。モダンバレエ係まで。
〆切:9/9(水)

2015年8月27日

八橋人形伝承の会

鶴岡です
秋田市の伝統の土人形「八橋人形」の復活を目指そうと、
このほど、「八橋人形伝承の会」が発足されました。
スタジオで、会長の梅津 秀(うめつ しゅう)さんにお話を伺いました。

お持ち頂いたのは、10cmほどの 可愛らしい人形です。
おさげの女の子。紅い振り袖を着ています。

250年ほどの歴史がある八橋人形は、京都の伏見人形がルーツなのだそうです。
もともと梅津さんは、様々な人形を展示して多くの方に楽しんで頂いていましたが、
八橋人形を募ったところ、自宅で飾っていた人形が多数集まり、ファンの多さに驚いたとのこと。
最後の職人となった、故 道川トモさん(昨年3月逝去 享年77)の直弟子の方もいて、
より多くの人に八橋人形に関わってもらいたい、伝統を継承したいと、「伝承の会」発足に至りました。

粘土を型に合わせて作り、しっかりと乾かしたあと、800度の窯で焼き、絵付けを行う。

その絵付けが最も繊細で、難しい作業だと教えてくれました。
素朴で、温かみの感じられる人形。
現在、「伝承の会」会員は13名。
お問い合わせは090-5184-7364(梅津会長)まで。

2015年6月4日

第11回 土崎みなとふくまつり

ふぐもビールも秋田産!
「第11回土崎みなと ふくまつり」が6月8日(月)~13日(土)に行われます。
まつり期間中以外にも、ふぐ料理は提供されていますが、期間中ならではのお得で美味しいメニューがたくさんです。
ふぐは、秋田のふぐ。ビールは、横手市大雄の第一等品ホップ「かいこがね」使用のビールをお楽しみいただけます。

みなと土崎ふぐの町活性化協議会副会長の畑中蘭子さんがスタジオに持ってきてくれたのは、「ごまふぐのあぶり箱寿司」
酢飯の上に、ふぐがめいっぱい乗っています。

あぶりは、外側に焼き目がちょっとあって、内側はやわらかい。
海の幸の美味しい食べ方ですよね。

特に、この白子焼き!あっという間に、口の中でとけてしまいました。

7月の土崎港まつりもアツイが、6月のふくまつりもホットですね。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved