ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS

カテゴリ「ブログ」のアーカイブ

2021年10月24日

幼い頃から月を見るのが大好きだった川柳の長谷川酔月さん

10月24日のゲストは、秋田県川柳懇話会会長で全日本川柳協会理事の長谷川酔月(すいげつ)さん。元警察官でSP(セキュリティポリス)として長い間勤務していただけあって背中がピンとしていて78歳にはとても見えない姿勢の良いダンディな方でした。

長谷川酔月さん

酔月さんのことは新聞やテレビで知っておりましたが、長い間お名前は、翠月ではなく酔月とつけたのはきっとお酒が大好きな方なんだろうと勝手に思い込んでいましたが、月を見るのが大好きだからこのお名前にしたんだそうです。
長谷川さん、大変失礼いたしました。Michikoはとても恥ずかしいのです。
お酒ではなく、月を見ればいろいろな事を考え想像し、月に酔うということから酔月という名前にしたそうです。さすが川柳のお方です。本名は長谷川三紀夫(みきお)さん。名刺には川柳のお仲間が鉛筆で描いてくれた似顔絵が載っています。

長谷川酔月さん

昭和18年(1943年)、河辺郡下北手村桜字桜(現在の秋田市桜)に兼業農家(お父様は国鉄職員)の
9人家族7人兄弟姉妹の5番目として誕生しました。子供の頃、大病をして体の弱かった三紀夫少年は家の中で過ごすことが多く、本をたくさん読んだそうです。小学校に入ると図書館にある本をほとんど読んでしまったそうですよ。本を読むことが大好きな子だったんですね。毎日、月を見ては様々なことを思い、本を見ては色々な言葉を覚え、その頃から川柳会を盛り上げている今の長谷川さんの土台が出来上がったのですね。
平成4年度秋田県川柳懇話会最優秀作品賞に輝いた長谷川酔月さんの本格川柳です。

「夕焼け小焼け いつかひとりの かくれんぼ」

この作品には人生のたそがれ時を感じるという評価で、ちょっと気がつくと昔けんかした仲間や仲良く遊んだ友達もいなくなって、たったひとり残ってしまった―というような深い意味が含まれると高く評価されたそうです。川柳は庶民の文芸、とおっしゃる長谷川さん。良い川柳は、たった17音で一冊の小説にもなるそうです。今回お話を伺って、川柳おもしろそう、と興味を持ちました。サラリーマン川柳などもあり最近は若い人たちにも広がってブームが続いています。

長谷川酔月さん

夏休みの宿題で書いたMichikoの孫の川柳。
「墓参り 祖父はまさかの ビールかけ」
面白いね、良いですよ。お盆の墓参りの暑い日、墓石にビールの泡がかけられ涼しさが目に浮かぶ。よっぽど亡くなった方はビールが好きな方だったんでしょうね、と誉めて下さいました。長谷川さんのトークは、表現力が豊かでやさしく、終始、穏やかな表情でした。緊張感でいっぱいだった警察官の仕事を立派に定年退職まで務め、第2の人生は今やりたかった川柳の道で充実した毎日を過ごしています。川柳やってると、長谷川さんみたいに生き生きと素敵に過ごせるのかしらって思っちゃいました。

2021年10月17日

80歳記念のゲスト出演!「依さん」こと元ABSアナウンサー依本悟さんは 「秋田・市民メディア研究会」で素敵に頑張っています❣

依本悟さん

10月17日のゲストは、依本悟(よりもとさとし)さん。スマホもパソコンもない1950年代から1970年代はラジオがよく聞かれた時代でした。特に、依さんがパーソナリティとして担当していた「サンデー電話リクエスト」は、聴取率が平均38%もあった人気番組でした。Michikoが依さんのアシスタントとして担当したのは1975年から5年間。毎週午後3時から6時まで3時間の生放送!おしゃべりとリクエスト曲でお送りした番組でした。

依本悟さん
当時の依さんとMichiko(1976)

当時は、自宅の電話や公衆電話からリクエストが寄せられ、驚くほど大量のリクエストはがきが届きました。今と違って、何百通ものハガキは全部手書きで、よくイラストが書かれていました。依さんは、今までリスナーから頂いたハガキをアルバムに収めて大事に持っていましたよ。中には50年後の依さんの顔を想像して書いたハガキもありました。

依本悟さん

それを見てびっくり❕今の80歳になった依さんとそっくりなんです。
当時は、公園や会館などでイベントをすると、こんなにたくさんの人たちが集まったんですよ。

依本悟さん
八橋公園での公開放送の様子

今、依さんは「秋田・市民メディア研究会」でお仲間の皆さんとがんばっています。メディアが多様化した時代、インターネットなどで寄せられる情報は、真実かどうか、ちゃんと確かめてからでないと、そのまま鵜呑みにしたら大変な事になる。だから注意しましょう‼一人では、なかなか判断できないので、みんなで話し合い学習しましょう!と呼びかけています。
依さんは、やっぱり素敵な生き方をしていました。

依本悟さん

コンピューターがどんなに発達しても、やっぱり生の声でおしゃべりし、手書きのお手紙が好きなMichikoです。心の師匠!依本悟さんには、100歳記念のゲスト出演して頂くことが今の目標です。今回は、依さんファンからの熱い要望に応えてスタジオにおいで頂きました。依さん!まだまだ元気で長生きしてくださいね。

依本悟さん

2021年10月10日

にこっと秋田の八代美千子さん!お会いするだけで、みんなが癒されちゃいますよ😊

10月10日のゲストは、心の花・東海林大心社長のご紹介でNPO法人にこっと秋田(多機能型重症児者デイサービス・にのに)代表の八代美千子(やしろみちこ)さん48歳。

八代美千子さん

八代さんは、看護師歴25年のうち18年、障がい児者の看護をしてきました。重度の障がいを持つお子さんを在宅で介護されているお母さんたちがとても疲れている様子を見て、何か自分に出来ることはないか?と思っていたそうです。
そんな中、全国重症児者デイサービスネットワーク理事長・名古屋の鈴木由夫さんから「秋田は重症児者デイサービスの空白域だぞ!なければ創ればいい!」と声をかけられて決心し、2018年10月、秋田市御野場に「多機能型重症児者デイサービス・にのに」をオープンさせました。

八代美千子さん

八代さんは、重症児者のことを「めんこさん」と呼んでいます。お顔はもちろん、何度もした手術の跡やつらい治療に耐えた闘いの跡も含め、全てがめんこくって、今度は何をしてこの子たちと遊ぼうか?って、自分たちも一緒に楽しんでいるのだそうです。(こんな風に思えるなんて、只々すごい!・・と)めんこさんの一人たっちゃんとは、一緒にカラオケにも出かけたそうですよ!

八代美千子さん
(写真:めんこさんたちの活動の様子)

八代さんから皆さんへのお願いです。お出かけしている時に「めんこさん」たちに出会ったら声をかけてほしい!そうです。車椅子に乗っていたり、人工呼吸器をつけていたり、見たことないものを装着していますが、どんどん声をかけてほしいということです。興味を持ってもらうことは、嬉しいことなんだそうですよ。地域全体で助け合って、思いやって、大きな家族になれば一人で悩むことも減っていくのではないかと。

八代美千子さん

「にのに」のテーマは「大きな家族になろう!」です。八代さんは看護師の資格を持っていますがスタッフ17人も、看護師・保育士・介護福祉士・事務などの同じ気持ちをもった専門家が揃っています。介護している方で、不安だらけで食欲がない・眠れない・経済的な心配・・・など何でも相談にのってもらえます。
多機能型重症児者デイサービス「にのに」の電話番号は、018-838-6125です。
「めんこさん」の話がでるとその度に八代さんのお顔は、満面の笑み!常に優しい気持ちを大事にしている大心社長も、八代さんとお話している間、ずーっとニコニコ顔でしたよ。というMichikoも、ずーっと幸せな時間を過ごすことができました。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved