ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2022年4月10日

思いつくと、即行動!動きが早い下総晴美さん今回も驚きっぱなしでした。

4月10日のゲストは、心の花の東海林大心社長のご紹介、秋田県美容組合西支部長モアビューティ・シモフサのオーナー下総晴美(しもふさ はるみ)さん。先月に続いての出演です。

下総晴美さん

3月13日の放送では―、今は美容界で輝いている下総さんですが、実はバスケットボールとボーリングで素晴らしい人生を歩んできた方だったのです。そのお話だけで驚くほどのスポーツウーマンであったことを知り話が盛り上がり、肝心な美容師さんになってからのことはほとんど聞くことができませんでした。その続きのお話を伺いたくスタジオに再びおいで頂きました。

下総晴美さん

プロボーラーを目指し頑張っていた晴美さんですが、お父様からの「ボーリングは秋田でも出来る。そろそろ秋田に帰ってほしい」との言葉を受け、三姉妹の一番上、長女だった晴美さんは秋田に帰ることを決断。秋田のボーリング場に勤めたときには、ボーリングブームも下火になってきたことを感じ、24歳の時、他に何かしようと考え始めたとき、電話帳の専門学校のページを見つけ、その何かを探すことに。その時、仕事は何でもいいと思っていたそうです。

最初に見つけたのがクッキングスクール。妹たちと「おにぎり屋さん」をやりたいと思ったこともある晴美さんでしたが、なかなか電話をかけても繋がらず、次に見つけたのが美容学校。ボーリング場で日中、事務の仕事をしながら夜間の美容学校で勉強する生活をしていましたが、時代の流れで途中夜間が廃止となり、予定より早く卒業できたそうです。

秋田市広小路のセントラルデパートの中に入っていた、当時とても忙しく人気店だった
「コマバ美容室」でインターン(修業)をさせて頂きその間、着付け教室にも通い美容師の資格を得るための国家試験に合格、同時に着付け師の免許も取得。晴美さんはインターンから5年間、26歳から31歳まで「コマバ美容室」にお世話になり、先生や先輩たちにとても感謝しています。晴美さんの新しい人生の土台ができ、ようやく将来の目標が見つかったのです。

29歳で結婚、年子の男の子を出産し1カ月がたち、そろそろ仕事に復帰しようかと思っていた時「美容室譲ります。即営業可」という新聞の広告欄を見つけ吸い込まれるように目に入り、後先考えず即申し込むも、経営についてはまるで無知。銀行取引のことや、土地取引のことなどいろいろ大変だったそうです。(東海林大心社長はこの時の話に何度も頷いて熱心に聴いていました。多分、ご自分の開業した時のことを思い出したのではないかと思います)

下総晴美さん ノート

Michikoと同じ名前の「さとうみちこ」という金融関係にお勤めのお客様などにアドバイスして頂き、みごとクリア。3.5坪の小さいお店でしたが、32歳で自分の店を持つことができたそうです。この後も、現在に至るまで時代にあわせ順調に美容室を経営。今のお店で7店舗目、多いときで3店舗同時にお店を構えていたこともあったそうですよ。

平成2年ディーラーさん主催の着付け教室に通い、畠山芳子先生と出会うことに。
この出会いが、下総晴美さんの人生を変えたそうです。
平成3年の美容選手権振袖着付け部門で優勝。平成4年5年も連覇。鷹巣の畠山先生のところまでモデルさんを連れて練習に通い、平成15年全国入賞するまで何度も挑戦したそうです。

下総晴美さん

美容師としても、着付け師としてもトップレベルになった晴美さんは、美容師の山本久博さんの呼びかけで、2018年11月にはロシアのウラジオストクで開かれたジャパンフェスティバルへの参加を積極的に申し出ました。秋田県内の美容師さん着付け師さん達と一緒に秋田で昭和初期まで行われていた「花嫁道中」を披露しました。花嫁役は秋田の女性でしたが、花婿役は露日協会の青年が協力してくれました。総勢40名が着物姿で参加した
ジャパンフェスティバル、ロシアの方たちは初めて見る「花嫁道中」にロシアの方たちは大絶賛。大変喜んでくれました。今回のウクライナとロシアで大変な事がおきていますが、それだけに、あの時交流した優しかったロシアの方たち、どうしていらっしゃるのか心を痛めていらっしゃいます。

美容歴40年の下総晴美さんは、ご自分のこれまでの人生をこんな風におっしゃっています。
「石橋は叩いて渡らない~私流です。私は走って渡っていました。振り返ってみると穴だらけだったと思います。目標があるとそれに向かって努力はできた。それが穴の修復だったと思う。穴の修復とスタッフの10歳になる双子の娘さんの成人式の予約が入っているので、これから10年は小走りで頑張るつもりです。」と。

下総晴美さん

下総晴美さん!10年と言わず、健康寿命100才の時代です。末永く、美容の世界でご活躍ください。昭和25年生まれは、若い人と呼ばれている美容界です。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved