ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年10月31日

大病を克服して、ますますやる気満々の眞壁明吉良さん

10月31日のゲストは、新屋温泉の高橋大和社長のご紹介で、横手市でうどんの製造販売をしている(株)眞壁屋代表 眞壁明吉良(まかべ あきら)さん(56歳)と、お母さんの眞壁恵子さん(81歳)。眞壁明吉良さんは、2回目の出演でしたが前回に比べて少し体がスッキリして若々しくなった気がして、お聴きしたところ、驚きの発言が。

眞壁明吉良さん

昨年の12月24日、秋田市中通を運転中、急に車の中で体に激痛が走り呼吸ができず、心臓の脈も弱くなってきたのを感じ、たまたま手を伸ばした所にあったペットボトルの水を飲んだら息ができ、そのまま自分で車を運転し日赤病院の救急外来へ。診断結果は「大動脈解離」だったことがわかったそうです。結果、中通病院で手術をすることに。
午前10時から午後4時まで6時間にも及ぶ大手術を受けたそうです。手術室に入る時、眞壁さんはお医者さんに「絶対に生きて帰ってきますからよろしくお願いします。」と言うと、
若いお医者さんは涙を浮かべて「待っていますから頑張ってください。」と話したそうです。
人工血管をつける大手術だったそうです。前にお会いした時よりも20キロも体重が減ったそうです。

眞壁明吉良さんと眞壁恵子さん

退院の日、大和社長が病院に迎えに来てくれて、とても嬉しかったとか。無事に生き帰って来たことで、今までお世話になった方々の事を思い、その方たちにまだまだ伝えたいことがあると、ますますやる気満々の眞壁明吉良さん。ロサンゼルスではすでに使ってもらっている眞壁屋うどんですが、もっと世界に広めたいと今、いろんな構想を練っています。お母さんの恵子さんは、とても笑顔が美しく優しさ溢れる雰囲気の方です。働き者で会社では事務を担当なさっています。お母さんの名刺には、ふしぎな花俱楽部・秋田押花文化倶楽部 インストラクターとあります。恵子さんの美しい作品が印刷されています。
会社の事務をしながら、好きなことを極め楽しんでいます。次回は、お母さんの眞壁恵子さんと沢山おしゃべりしたいです。

収録中

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved