ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年10月3日

アテネパラリンピック金メダリスト高橋勇市選手

三菱商事株式会社所属のアテネパラリンピック金メダリスト(全盲の陸上選手)高橋勇市選手の原点は、故郷・横手にあったのです。
10月3日のゲストは、三菱商事株式会社所属2004年アテネパラリンピック・マラソン(視覚障害)の金メダリストであり、横手市スポーツ親善大使でもいらっしゃる髙橋勇市(たかはし ゆういち)選手56歳です。まずは、現在の勇市選手のお顔と伴走をしてくれている奥様と一緒にランニングしている写真をご覧ください。
奥様へのプロポーズの言葉は、「人生の伴走もしてくれませんか?」ですって!

髙橋勇市

髙橋勇市

髙橋勇市選手は、1965年6月12日に横手市で誕生しました。黒川小学校3年生の時、小学校創立100周年記念で当時の校長先生が校庭に1周およそ1キロのランニングコースを作ってくれ、当時走るのが嫌いだった勇市少年でしたが毎日、休み時間に走って6年生の時に運動会で1等賞。生まれて初めて優勝したことと、ランニングコースを走り続けたことで「継続は力なり」と、校長先生がとても褒めてくれたことが自信となり、中学校では陸上部で活躍。勇市選手は、小・中学時代の経験が今の自分を作っているとおっしゃっています。

勇市さんは、農家の長男だったこともあり、大曲農業高校に進学。横手から大曲まで片道およそ15キロの道を毎日、自転車で通学していたそうです。これには、本当に驚きました。
しかし、だんだん視力が悪くなってきたのを感じていたそうですが、ご両親には心配をかけたくないと内緒にしていたそうです。2年生の時に、保健の先生が眼科医に診てもらった方がいいと進めてくれ、両親といっしょに病院に・・・。その時診断されたのが、「白点状網膜症。二十歳の頃には失明するでしょう。」と告げられ大ショック。現実から逃げ出したいと思ったそうです。その後は、盲学校でマッサージの免許・資格をとり仕事をするようになりました。

30代になり仕事をしている時にラジオで「アトランタパラリンピックで日本人選手がマラソンで金メダルをとった」というニュースを聴き、同時に小学校の時に走っていた自分の姿が頭に浮かび、6年生の時に1等賞とったときの感動をもう一度味わってみたい。目の見えない人同士の大会だったら、もしかしたら頑張ればできるかもしれない!と思い、35歳のときから練習をはじめたのだそうです。
2004年アテネパラリンピックの金メダルだけではなく、国際盲人マラソンかすみがうら大会では当時の世界最高記録で優勝、2006年世界陸上競技選手権オランダ大会金メダルなど、ここに書ききれないほどのメダルを受賞しています。2018年頃からはトライアスロンにも挑戦。金メダルも受賞しています。勇市選手の挑戦はまだまだ続いています。パリパラリンピックに向けて頑張っています。今度はどんな競技に挑戦するのか・・・楽しみです。

リクエスト曲は、10歳の時に初めて買ってもらったドーナツ盤のレコード。桜田淳子の「揺れてる私」でした。今も大事に持っているそうです。今度、帰った時にはお母さんの手作り料理を食べたいそうです。(納豆汁・ぎばさ・ぼだっこ・だだみ)ぜーんぶ秋田の味ですね。
子ども時代、Michikoが担当していた「サンデー電話リクエスト曲」を聴いていてくれた勇市選手。ますますキラキラ輝いている勇市選手。あまりにも大きく立派に成長して、人生の伴走者もでき幸せそうで嬉しくって興奮気味のMichikoでした。新型コロナがもう少し落ち着いたら、三菱商事株式会社所属の高橋勇市選手の講演のイベント、秋田県内でも企画してほしいなあ・・・みんながきっと元気になると思うのです。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved