ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年9月26日

朝鮮半島を中心に東アジア地域の近現代文化について研究している畑山康幸さん

畑山康幸

9月26日のゲストは、新屋温泉の高橋大和社長からのご紹介で、朝鮮半島を中心に東アジア地域の近現代文化について研究、評論活動をしている畑山康幸(はたやまやすゆき)さん72歳においで頂きました。畑山さんは、36年前NHKが初めて北朝鮮の平壌(ピョンヤン)から衛星中継した時、リポートした方です。秋田市土崎のご出身で、大和社長の高校時代の同級生です。中学生の頃から、ラジオで聞いた朝鮮語や音楽に興味を持っていたことは3年前にお話を伺っていました。72歳になった今、畑山さんはどんな研究をされているのか気になっていました。

畑山康幸

この日はスタジオに勝平得之(かつひらとくし)の版画「いろり」を持って来てくださいました。勝平得之が亡くなってからちょうど50年にあたる今年、故郷・秋田を愛する畑山さんは勝平得之の研究をしていたのです。
勝平得之(1904-1971)は、秋田で生まれ生涯を秋田で過ごした木版画家です。作品のテーマも、ほとんど当時の秋田の人たちの日常生活や伝統行事などでした。勝平得之が友人などに送った手紙を集めて、その内容から勝平得之がどんな思いで版画を創作していたのか分析し論文や本にするとのこと。手紙はすでに50通以上見つけたそうですよ。その内容から「勝平得之は秋田を非常に愛していて、誠実で生真面目な生き方をしていた方のようだ。」と・・まだまだ研究は続いています。

畑山康幸

秋田生まれのMichikoは、とても興味深い嬉しいお話を沢山お聞きしました。畑山さんは、朝鮮半島を中心に東アジアの文化、歴史、政治問題など幅広い知識をお持ちですので、今度は私が好きな音楽についてもお聞きしたいと思います。NHK在職中には、番組で北朝鮮のヒット曲を特集したこともあるそうです。李香蘭の歌など流しながら、いろいろなことをお聞きしたいと思っています。楽しみだわ・・・・・!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved