ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年8月29日

三菱重工相模原ラグビー部(ダイナボアーズ)の生みの親・佐藤貞直さんはお話が面白くて超元気!

8月29日のゲストは、新屋温泉・高橋大和社長のご紹介で、高校時代の同級生、佐藤貞直(さとうさだなお)さん72歳。改めて当時の秋田高校3年B組には、すごーい人が多いことにびっくり!

佐藤貞直さん

佐藤さんは、創部1971年の三菱重工相模原ラグビー部の誕生に、貢献した方でした。高校では水泳部で活躍していたのに、進学した小樽商科大学では学生食堂で出会った先輩から声をかけられ、牛乳一本おごっていただいたのがきっかけで勧められたラグビー部に入ったという…とても素直というか。本当は、当時大スターだった石原裕次郎に憧れ、ヨット部にでも入ろうかと思っていたそうですが、牛乳一本の力でラグビー人生がスタートしたのです。勉強はもちろん、運動能力も優れていたのでしょうね。大学でも、ラグビー部でかなり活躍したそうですよ!

佐藤貞直さん

65歳で定年退職してから、いま何をしてらっしゃるのか聞いたらこんな名刺を出されました。その内容に、またまたびっくり!「今やっていること・家事手伝い・不惑俱楽部・NPO法人秋田ふるさと応援団理事・ダイナボアーズの熱心な応援・三菱重工エンジンOB会の幹事・ゴルフとたまの麻雀・いろんなグループでのノミニケーションも結構ある」名刺の裏にこのように書かれているのです。なんて分かりやすくて、ユニークなんでしょう。そして、なんてったってトップにあげていたのが家事手伝い。家の中で過ごすことが多くなり、改めて奥様に感謝し「妻のサポートがあって今がある」と何度もおっしゃっていたのが印象に残り素敵でした。

佐藤貞直さん

ふるさと秋田を愛し、ラグビーを愛し、友人を愛し…偉大な方は、心も豊かですね。2017年に秋田で開催された「ねんりんピック」の時には、秋田の熱血先生!元小坂高校ラグビー部監督の山口清彰先生ともお会いになっていました。左の方は、佐藤貞直さんと秋田高校の同級生で秋田県ラグビー協会副会長の三戸俊信さん(文京堂社長で秋田高校ラグビー部OB)です。友情も大切にしていました。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved