ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年8月8日

Life is beautiful and vivid.(人生は美しく鮮やかである)という大好きな言葉を 社名にした「Libeid(リベイド)」の山田綾子さんは、心も生き方も美しい方でした。

8月8日のゲストは、心の花・東海林大心社長のご紹介で、療育・教育コンサルティングLibeid(リベイド)の山田綾子さん(38歳)。今年の6月、ゲストにおいで頂いたボランティアグループ「ぬく森」の高橋久子さんのお話に感動した大心社長!早速、山田さんに連絡してゲスト出演をお願いしたのです。

山田綾子さん

山田さんが、「ぬく森」の皆さんに相談した内容は、「障がいを持った車椅子の女の子に、車椅子に乗ったまま七五三の着物を着せてあげられないか?」というものでした。「ぬくもり」では、すぐに着物アレンジ「和&夢」の大沢さんに相談し、その願いを叶えてあげたのです。
話すことができない車椅子の女の子は、お参りも終わり、着物の着付けからすべてを手伝ってくれた皆さんに、手を握ってお礼を表し喜んでくれたそうです。お手伝いした高橋さんたちも、その姿にとても感動したそうです。

山田綾子さん

山田さんは14年間、看護師として働いていました。結婚し、ふたごの男の子を出産。初めての出産、しかも双子であることで不安や心配事がたくさんあったそうです。しかも、看護師としてほかの親御さんやご家族の相談にのった時、同じ様に子供の発達に対する悩みや不安を抱えている方が非常に多いことや、いろんな障がいを持った子どもたちがたくさんいることを知り、これは病院や学校では解決できない。看護師としての知識を活かし、そういった方たちのためになにかお手伝いすることが出来ないかと、ずーっと考えて悩んでいたそうです。結果、考えてばかりいても前に進めないと看護師を辞めて「リベイド」を立ち上げたのです。

山田綾子さん

Michikoが今回、嬉しかったのは、山田さんの考え方です。「人は、ひとりでは生きていけない。」という考え!30代の山田さんが、50代~70代の年の離れた方たちになんでも相談し、頼りにしていることです。心強いそうです。本当の親子の関係だと、なかなか言えない事も相談できて、とても良い関係を保っているそうです。
尚、「リべイド」では、発達障害児グレイゾーンや知的障害児の生活や学習トレーニングを行う塾も開いています。電話番号は、080-1806-1983です。
山田綾子さん!大きな目が輝いています。頑張ってくださいね!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved