ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年7月29日

名前の通り光輝いている 株式会社エムアンドエム部長・佐々木光一さん

7月25日のゲストは、新屋温泉 高橋大和社長のご紹介で、大仙市の株式会社エムアンドエム部長 佐々木光一さん(37歳)。大和社長との出会いは、幕張メッセ(千葉市にある国際展示場)で開かれたFOODEX全世界の食べ物博覧会の会場で一緒に仕事をしたのがきっかけなんだそうです。

佐々木光一さん

エムアンドエムは県内の素材を使った食品の開発をしている会社です。特に人気なお薦めの商品は、納豆をフリーズドライにしたもの。県内外は勿論、外国にも売り込んでいるそうです。思いのこもった商品を積極的に出かけて紹介しているそうですよ。実はMichikoは、「納豆あねちゃ」と呼ばれるほど、子供の頃から今までずっと納豆が大好きで納豆のドライナッツはずいぶん前から食べていますし、納豆ふりかけも見つけたら必ず買ってくるほど
納豆が大好き。

お薦めの商品

 大和社長によると、光一さんと出会ったときの第一印象は「好青年」。あの大好きな納豆を使った商品を開発し売り込んでいると聞いただけで、私から見ても光輝く好青年という印象でした。

佐々木光一さん

光一さんは、高校生のころ沖縄に出かけたことがあったそうですが、とても気に入って沖縄の大学を受験。自分から進んで選んだ道。知り合いも友人もいない沖縄の大学で楽しい学生時代を過ごしたそうです。会社名のエムアンドエムは市場のある所には進んで出かけようという意味があるそうで、お父様の時代から続いている思いを大切に繋いでいる生き方は、
本当に素晴らしいと思いました。佐々木光一さんは現在、秋田商工会議所青年部の事務局長も努めていらっしゃいます。秋田を活性化しようと頑張っている光一さん。早く、新型コロナウイルスが収束し海外にもどんどん売り込みが出来るようになるといいですね。

佐々木光一さん

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved