ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年7月4日

サッカーをするために生まれてきたような方、熊谷明夫さん

7月4日のゲストは、元秋田県サッカー協会会長であり現在は名誉会長でいらっしゃる熊谷明夫(くまがい あきお)さん(74歳)においで頂きました。

熊谷明夫さん

熊谷さんは、総合問屋・株式会社しもむらの代表取締役社長としてのお仕事をこなしながら、大好きなサッカーにも秋田シニアサッカークラブの現役選手として、情熱を燃やしていらっしゃいます。さすが熊谷さん、スタジオには一番お気に入りのバッジをつけておいでくださいました。このバッジは、茨木県で行われた「ねんりんピック」で頂いた記念品で、水戸黄門がサッカーをしている様子を描いています。水戸黄門のように、白髪が生えるまでずーっとサッカーを続けたいという思いが詰まっています。熊谷さんにぴったりのバッジです。

バッチ

熊谷さんはとにかく俊足で、こまねずみのように動き回るきめ細かい動きは、Michikoでもわかるほど50年前から変わらずとにかく運動能力に優れた方です。熊谷さんは河辺町(和田)の出身で、小学校から中学校までは野球少年だったそうです。サッカーを始めたのは秋田商業高校に入学してからで、なんと、3カ月後の7月にはレギュラー選手として活躍したのです。高校サッカー選手権全国大会ではベスト4に輝いています。熊谷さんたちが土台を築き、今は亡き後輩の、元秋田商業高校の校長であり、ブラウブリッツ秋田の初代社長、外山純さんの時代には全国大会や国体、インターハイで何度も優勝を果たし、秋商サッカーの全盛期を迎えます。昭和51年、熊谷さんは選抜チームに選ばれ、佐賀国体では準優勝
昭和52年には青森国体で優勝を果たしています。サッカー人生の中で印象に残ることとして、2002年の秋田わか杉国体の時に日本サッカー協会と秋田県サッカー協会の親善試合があり、高松宮殿下から「良いパスだったよ!」とお褒めの言葉を頂いたのが自信に繋がり、ますますサッカーが好きになったとおっしゃっています。

熊谷明夫さん

熊谷さんは、ご自分でサッカーをしているだけではなく、お子さんやお孫さん3世代で
サッカーに夢中です。まめだすとーくのディレクターが秋田高校のサッカー部時代、熊谷さんの次男の方と対戦したことがあるそうで「とにかく当時の秋商は強かった!」と言っていました。今注目しているのは、お孫さんたち。なかでも現在ブラウブリッツ秋田のU-13で頑張っているお孫さん。プロサッカー選手になってくれたら嬉しいな!なんて勝手に思っている私です…(笑) 新型コロナの影響で、昨年秋田で行われる予定だったシニアの全国大会が延期になっていますが、今のところ10月に予定しているそうです。お願いだから、新型コロナ!そろそろ撤退を強く願います。熊谷さん、美味しいお土産までありがとうございました。

熊谷明夫さん

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved