ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年6月30日

なまはげのお面を作る県内唯一の彫師・石川千秋さん

6月27日は新屋温泉の高橋大和社長のご紹介で、国指定重要無形民俗文化財・男鹿のナマハゲのお面を作り続けている彫師・石川千秋(いしかわせんしゅう)さん(66歳)においで頂きました。

石川千秋さん

現在、ナマハゲの彫師として活動しているのは、世界で一人だけ。初代のお父様 石川泰行さんの後を継ぎ、観光用やなまはげ太鼓のお面を作っている方です。なまはげ館で実演をご覧になった方もいらっしゃると思います。ご覧のように、石川さんの作るお面は全体のバランスが取れていて、とても綺麗で怖いお面です。(髪の毛は馬の毛を使っているそうです) 

石川千秋さん

お父さんの後ろ姿を見て育った千秋さん。幼い頃から、大きくなったらナマハゲのお面を作りたいと思っていたそうですが、実際やってみるとやればやるほど難しくて奥が深い仕事。
まだまだ勉強する事があり、気の抜けない仕事だとおっしゃっています。チェンソーを使い秋田の銘木・霧の切り出しから行い、生木のうちに「のみ」や「ドリル」などを使い細かな部分まで丁寧に作っています。(色塗りは、奥様が担当という事です。)

石川千秋さん

お仕事中は常に集中している石川さんですが、プライベートではカラオケが大好き。昨年の12月にはCDをリリースしています。「面彫師一代 (ほりしいちだい)」は、男鹿市観光協会推薦になっていて迫力ある雄たけびから入る曲です。男鹿のなまはげ「まつり唄」は、まるで石川さんの人生を語っているような心に響く曲です。声に年輪が伝わってきます。2018年、寒風山まつりで歌っているところを、演歌歌手 北山たけしさんの北島事務所の方から声をかけられ実現したのだそうです。

石川千秋さん

いま、石川さんがやってみたい事は、ステージで大和社長と共演することだそうです。高橋大和さんの「竿燈まつり」と石川千秋さんの「男鹿のなまはげまつり唄」の共演です。これは絶対に実現できそうですね。なまはげのお面を被って登場する石川さんの雄たけびと、大和さんのジョヤサー。想像するだけで楽しいステージになりそうです。おもしろそうですね!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved