ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年5月9日

大学生で会社を立ち上げた菅原魁人さんは、高齢者に優しい好青年でした

5月9日は、心の花・東海林大心社長のご紹介で、秋田大学4年 株式会社リバティーゲート(以下、㈱リバティーゲート)社長菅原魁人さん(22歳)をゲストに迎えました。菅原さんは「あの方はモデルさん?それとも俳優さん?」と思えるほど素敵な容姿で、スタジオが一気に明るくなりました。

菅原魁人さん

大心社長が菅原さんにお会いしたいと思ったのは、菅原さんが立ち上げた ㈱リバティーゲートが掲げる理念に共感したからとの事で、その理念とは「高齢者になることが待ち遠しいと思える社会」。大心社長の「心の花」は、「人生を最後まで輝かせる」という理念を掲げています。㈱リバティーゲートのサービス名は「アシスタ」(お手伝い)という意味です。高齢者が困っていることがあったら何でも自分達がお手伝いします という会社で、現在アシスタに登録している学生は秋田大学だけでなく、国際教養大学・県立大学・看護学校・専門学校など、県内の様々な学校の学生およそ130名が登録しているそうです。国の介護保険制度で賄いきれない部分を補っています

菅原魁人さん

お手伝いする内容は、病院の付き添いや雪かき、パソコン・スマホの操作指導、他には「背中にシップを張ってほしい」、「料理を一緒に作ってほしいから買い物にも付き添ってほしい」、「孫と話すための参考にしたいから、若い人が何を考えているのか どんなことに興味を持っているのか知りたいので話をしにきてほしい」など・・・。注文内容によって適正な方を派遣してくれるそうです。車椅子や杖を使っているため大好きな映画や美術館に一人では中々出かける事ができない方や、いつも一人で食事しているため一緒に手作り料理を食べてほしい方など、一人暮らしにはお薦めの心を満たしてくれる「アシスタ」だと思いました。

菅原魁人さん

自分が生まれ育った秋田にずっと住みたいと思い、自分で決めて会社を立ち上げた菅原魁人さん。大心社長もおっしゃっていたのですが、「こんな大学生がいたんだ!」とMichikoは嬉しく、ちょっとこの日のスタジオは華やかで明るい雰囲気に包まれていました。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved