ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年5月3日

「One for all,All for one」
(一人はみんなのために、みんなは一人のために)
小坂高校元ラグビー部監督 山口清彰先生

5月2日のゲストは、小坂高校環境技術科非常勤講師 山口清彰先生67才。今も小坂町のためにラグビー精神で頑張っていました。山口先生は富山県魚津市出身で、秋田大学鉱山学部時代にラグビーの魅力を知り、大学卒業後、富山県の一流企業に就職したもののどうしてもラグビーという素晴らしいスポーツを高校生に伝えていきたいと、5年半勤めた会社を退社し再び秋田大学へ。教員免許取得(高校工業と高校理科)のため、秋田大学の聴講生となり、1年半で念願の高校教師に。それから44年間、秋田県で暮らしています。

山口清彰先生

21年目となる現在のお勤め先の小坂高校は105年の歴史を持ち、3年後、十和田高校・花輪高校と共に統合されることになっています。現在の1年生が3年生になる時が最後の小坂高校の卒業生となるそうです。それまでは生徒たちを見届けたいと、いま他の先生たちと共に色々なことを企画し素敵な生き方をしていました。

山口清彰先生

*小坂七夕への参加 / *出前授業 / *小坂小学校との連携授業 / *康楽館の舞台上での課題研究発表 / *30年前から行っている除雪ボランティア /*溶接班5人で作製した鉄製フラワースタンドへの植栽 / *小坂高校出入り口に設置している校名の花文字復活 / *よさこいチームの活動 などなど・・・。先生は全ての行事をカメラに収めファイルを作っています。1年間でA4判のファイル10冊にもなるそうです。

山口清彰先生

環境に配慮したもの作りができる人間の育成を目標に活動しています。今年3月に卒業した生徒の約75%は、秋田県内に就職が決まったという事です。小坂町は自分の故郷のようだとおっしゃる山口先生。やはり今も熱血先生のまま、小坂高校で輝いていました。テレビドラマに出てくるような熱血先生って本当にいるんだ!とMichikoは40年前に初めてお会いしたとき感動したんですよ。

山口清彰先生

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved