ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年4月18日

とにかく愉快な大相撲研究家 加藤實さん

4月18日のゲストは、大仙市にお住まいの大相撲研究家の加藤實さん(69才)。ひと目で、この方は楽しい方だってわかるほど明るいオーラがある方です。

加藤實さん

昔、35年くらい前には「秋田大相撲愛好会」があって、相撲好きの方たちが集まって相撲をみんなで研究していたそうですが、それぞれの都合で集まるのが難しくなり5年くらい前に解散したそうです。加藤さんは今、大相撲の研究を一人で行っています。「なんでも質問してくれれば、なんでも答えますよ」とおっしゃったので早速、色々お聞きしました。私の好きな力士、春場所で大関に返り咲いた照ノ富士や、小さな体でも素晴らしい技と鍛え抜いた体で見せてくれる翔猿・炎鵬、若い方や女性にも抜群の人気力士 イケメンでカッコ良い遠藤についても、どういう力士なのか教えて頂きました。そして、一番お聴きしたかったのは秋田県出身力士についてです。華王錦は引退してしまいましたが、将豊龍、佐々木山、庄司、竜風、渡部、伊藤、奥羽桜などたくさんいるそうです。

加藤實さん

加藤さんは、コロナ禍になる前までは両国国技館に朝4時頃から並び、先着200人まで2,200円で買えるチケットを購入し、テレビ中継に映らない早い時間から応援に出かけていたそうです。スタジオに持ってきて頂いた番付表は金足農業高校出身の「渡部」から送られてきたものだそうです。加藤さんは相撲関係者のなかではすでに良く知られている方のようです。さすが大相撲研究家。すごい情熱ですね。番組内では時間が足りず収まりきらなかったのですが、驚くような細かいことまでご存じでした。たとえば、Michikoが質問した好きな力士 翔猿、炎鵬、遠藤の3力士とも私と同じ血液型はAB型でした。ただそれだけですが嬉しかった!さすが、横手で生まれ5才のころからお相撲さんの出身地や所属部屋を丸暗記して、行司の真似をしていたという加藤さん!名刺には他にも「よりそいサポーター(ひきこもり・うつ病・登校拒否・ゲートキーパー)」 「ソフトテニス指導員」と書かれていました。加藤さんの明るいオーラはきっと、どんな人にも光を与えることに違いないと思いました。

加藤實さん

35年前、秋田市山王にあったABS本社で私を見て写真を撮ったことがあるという事で、その写真を持って来てくださいました。若い頃の写真を見せて頂いてご縁を感じました。

昔の写真

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved