ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年4月5日

コロナ禍でも吹奏楽団の活動で元気を保っている大学生の佐々木勇憲さん

4月4日のゲストは、秋田大学吹奏楽団・前団長、秋田大学理工学部4年の佐々木勇憲さん(21才)。雰囲気は、シンガーソングライターの森山直太朗さんや石原軍団の俳優さん(ちょっと古いですが(笑))。一言でイケメンの爽やかな方でした。

佐々木勇憲さん

佐々木さんは、高校まで吹奏楽部の経験は無く、ピアノを独学でちょっと弾いてみた程度とのこと。ただ、音楽が大好きで、中学生の頃から吹奏楽をやってみたい!!という思いはあったそうです。部員約60人中、佐々木さん一人だけが未経験者だったそうです。大きい金管楽器で低い音の出るチューバは、初心者でも比較的吹きやすい楽器であることを知り、自分の担当する楽器は、このチューバが良いと自分自身で選びました。先輩たちの優しい指導もたくさんいただきましたが、経験のある人たちに追いつくために一人でも猛練習をし、やっと、みんなと合奏出来るようになったそうです。きっと真面目で一生懸命努力する姿が認められたのでしょう。そして、いつの間にか、未経験者が団長に!

収録

コロナ禍で、みんな揃って練習ができないことなど色々あった中、工夫してコンサートを2回出来たことが、団長として、うれしかったことだそうです。人数制限や消毒・検温などして、昨年末に行った定期演奏会と、40回目となる「サウンドスケッチ」という演奏会で、とても元気で人懐っこく明るい仁賀保中学校の生徒たちと合同演奏会できたことが、とても楽しい出来事だそうです。佐々木さんは、合同演奏会で、嵐の「Love so sweet」の演奏に合わせてダンスをし、とても受けたそうですよ。初めての経験もたくさんしました。

2ショット

大学卒業後は、できれば音楽ホールなど、音楽の聴ける環境の仕事がしたい!と思っています。佐々木さんは、心から吹奏楽団に入ったことを喜んでいます。大学の新1年生たちに、自分の好きなこと、やってみたいことは、どんどんチャレンジしてほしい!とおっしゃっています。Michikoも何かをスタートするには年齢制限など気にしなくていいんだよ!って、佐々木さんに言われている気がして、元気をいただきました。久々にお若い方をゲストにお迎えしたのですが、言葉の使い方も丁寧で、学ぶことがたくさんありました。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved