ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年10月31日

ABS秋田放送の専属歌手だった民謡歌手・千葉美子さん❣

11月1日の「まめだすとーく」、みちこの部屋のゲストは、民謡歌手の千葉美子さん(80才)。千葉さんには、ABSの局アナ時代、いろんな番組でお世話になっていましたから、久しぶりにお会いできるのをドキドキしながら楽しみにしておりました。物静かで上品さが漂う秋田美人のイメージは昔と変わらず落ち着いていて、Michikoの方が何だか焦って落ち着きのないおしゃべりをしていたようで、今、反省しているところです。

千葉さんはすばらしい経歴を持ち、ラジオ東北(現・ABS秋田放送)の開局時のこと、よーくご存じの方なんです。昭和28年(1953年)の開局を記念して、すでにNHKのど自慢で全国優勝していたお姉さんの千葉千枝子さんと共に、全県をキャラバン隊のメンバーとして民謡を歌いラジオ東北をPRして頂いたそうですよ。

昭和32年(1957年)、民放主催のど自慢全国大会で優勝!昭和33年(1958年)から39年(1964年)までABS秋田放送専属歌手、昭和55年に公益財団法人日本民謡協会公認教授、平成3年(1991年)から平成28年まで秋田大学教育文化学部非常勤講師、平成10年(1998年)に公益財団法人日本民謡協会技能賞受賞、平成29年(2017年)に秋田県芸術文化章。まだまだ、ご紹介しきれない程のすばらしい経歴をお持ちです。令和に入ってからも秋田教室はもちろんのこと、東京、大阪、名古屋の民謡教室で指導をしています。


(最前列中央に千葉さん、藤さん。最後列にMichiko。)

千葉先生の一番弟子は、藤あや子さん!35周年記念公演のときには、秋田市文化会館の控え室にお祝いに駆け付けていましたよ。二番弟子は、みちこ一座で、度々お世話になっている田中恵さん!礼儀正しくって、毎回、感心していますが、やはり千葉美子先生のご指導がすばらしいんでしょうね。

今までの人生で、民謡に助けられたことが、たくさんあるそうです。これからも健康で大好きな民謡を歌い続けていきたいし、たくさんの人たちに楽しく民謡を歌ってほしいとおっしゃっていました。千葉美子さんの事は、幼い頃から人気の民謡歌手としてお名前は知ってましたから、その方とこうして、「まめだすとーく」できるなんて、超幸せ者のMichikoでした!(^^)!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved