ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年10月25日

アイディアが浮かび、「時間が足りない!寝ていたくない!」とおっしゃる、商品開発に夢中な女性、細田薫さん !

10月25日の「まめだすとーく」は、新屋温泉の高橋大和さんのご紹介で、地産地消で頑張っている藤里町「レストハウス白神」、「農家レストラン・サフォーク白神」の細田薫さん(69才)でした。

この日は、5年前から研究を重ね、出来たばかりの白神こだま酵母をたくさん使った桜パンと、藤里町のマイタケセンターの舞茸をお土産に持って来て下さいました。大和社長は、大喜び!桜パンには、八重桜を使って、こだわり抜いたパンです。はじめての味と香りに惹かれ、大和社長は一気に食べちゃいましたよ。Michikoは、中まで優しい淡い桜色で、さすが女性が考えて出来た可愛くって上品な桜パン!と思いました。お味は、もちろん👍😊でしたよ!

10月31日に行われる白神山地「森のえき」でのイベントでは販売するそうですが、正式には来年の6月ごろの販売を目指しているそうですよ!舞茸はマイタケセンターで栽培している幼なじみの方の舞茸なんだそうです。電子レンジを使い、サッと、アヒージョ風に調理して下さいました。こちらも、たいへん美味しく頂きました。ありがとうございました。

商品開発に夢中で、20年前に亡くなった、ご主人のことも忘れてしまうこともあるそうですが、きっと、ご主人は新型コロナウイルスにも負けず、めそめそしているのではなく、生き生きと前を向いて進んでいる薫さんのことを喜んでいると思いますよ。31日のイベントなどの詳しいことは、ホームページをご覧ください。とのことです。大和社長は細田さんのことを。“藤里の女傑”などとおっしゃっていましたが、意味がわかりました。常に前に進んでいるカッコ良い女性でした。(o^―^o)

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved