ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2014年02月7日

国立最蹴章 完結

「国立」が震えた。

あの試合からもう1ヶ月が経とうとしています。

2014年夏には建て替え工事が始まるため、現在の国立競技場を使うのは最後の大会となった
第92回全国高校サッカー選手権

開会式、立派な行進を見せた秋田商業

試合は、一回戦で大阪・履正社に敗れはしましたが、健闘を見せました。

そして、国立最蹴章となった92回大会の決勝は
富山第一が、隣県・石川の星稜を3対2で破り、初優勝。

2点を先行されながらも、後半終了間際に2対2の同点に追いつき、
さらには延長終了間際の劇的弾丸ボレーで逆転。

すばらしいプレーの数々。
すばらしい試合でした。

「国立」が震えた。
いや、最後まで「国立」が我々を震えさせてくれたのでしょう。

決勝戦は1月13日月曜の開催で午後2時キックオフ。
廣田個人としては、同じ時間帯の「ごくじょうラジオ」担当のため生中継を生で見るのは不可能かな~と諦めていましたが、なんと、ラジオが終わっても試合が続いている!!
延長に入っている!!!
そこからテレビに釘付けになってた中での決勝ゴール。

私・廣田も、あの国立を目指して、高校時代にサッカー部でがんばっていた一人です。

そして、今アナウンサーとして、この高校サッカーに携わっています。

なにか、最後の国立が
「"最後の姿、きちんと見とけ"と、そんなプレゼントをくれたのかもしれない」
勝手にそんな事も感じて見てました。

そんな92回大会も
中継スタッフの一人として全国大会に参加してきました。

こちらは国立の放送席と同じフロアから見える景色です。

全く同じ景色はもう二度と見られませんが、
それでも、いつの日か、またこのような景色を見たときにこみ上げる思いは同じでしょう。

選手たちと同じように、自分も高みを目指して。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.