ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年11月3日

今年もカラダWEEK

秋ですね!
25を過ぎ、お腹周りの内臓脂肪が気になり始めた林は、夏の終わりから運動に取り組んでいます。
一日の歩数目標を1万歩に設定して5キロ程度のウォーキングを始めるうちに、
より高い効果を期待して、最近はランニングもしています♪
最近の一日の平均歩数は16000歩くらいです。笑
顔周りもなんだかシュッとしてきました。ただ、お腹周りは依然として痩せません(なぜ?)

さて、そんな中(どんな中)
日本テレビ系列では今年もカラダWEEKキャンペーンを展開しています。
ABS news every.』でも今週は県内のニュースポーツを取り上げています。

私は2日火曜日に放送された、能代市を中心にじわじわ広まっている“クッブ”を体験しました。
スウェーデン発祥の、木をぶつけ合うスポーツです。

今年もカラダWEEK
林が持っている、綿棒のような形をした木の棒。
これを、相手チームにある木の的にぶつけて、倒していくのが基本ルール。

今年もカラダWEEK
直方体の木材が的ですね。
遠くにある的に棒を的中させるのはなかなか難しい。

この日は3人対3人でプレーしました。経験者3人、私を含め未経験者が3人。
圧倒的に林がへたっぴで、チームのみなさんの足を引っ張ってしまいました…。
それだけに、的を倒した瞬間は、敵味方関係なく喜び合います。
思わず肘タッチして、チームメイトとの心の距離もぐっと近づきます。
(コロナ禍なので肘タッチ。いつもはハイタッチをして盛り上がるそうです)

今年もカラダWEEK
クッブの普及に努めている、能代市技術開発センター・木の学校の佐々木松夫所長
クッブは木の学校で制作されているということで、職人さんの作業も見学させてもらいました。
木都・能代だけに、使われているのは秋田杉♪
柔らかい針葉樹なので加工がしやすいとのこと。手触りもなんだかホッとする温かみ…♡

木の学校ではクッブの販売もインターネットで行っています。
先週は、東京から注文が入ったそうです!!
今は在庫が0ですが、注文が入れば木の学校で制作してお届けするとのことでした。
また、無料で貸し出しもしています。
大人も子どもも、運動神経が良い人も悪い人もみんなで楽しめるスポーツですので、
イベントで体験会をお考えの方、ぜひ木の学校にお問い合わせください。

また、取材当日はあいにくの雨で(また雨女の実績を増やしてしまいました)
能代市の土床体育館をお借りしてプレーをしましたが、
晴れた日は青空の下、芝の上でクッブを楽しむのも気持ちが良いそうです☀

今年もカラダWEEK
一緒にプレーしたみなさんと。
ちなみに、林の左の男性が持っているのが、キングと呼ばれるもの。
陣取りゲームのクッブでは、最終的にこのキングに棒を当てて倒したチームが勝利なんですね。
男性がお持ちのクッブは、一般的なキングの形ですが…
林が持たせてもらったキングは、なんと能代ならではの形。
見覚えある方もいらっしゃるでしょうか?能代役七夕のシャチホコ型です。
加工技術の高い木の学校で作られるクッブならではですね♪

企画の編集にあたって、何度もプレーしている様子を流しているうち、
“またクッブやりたいな~”とうずうずしてしまいました。それぐらい楽しかった!!
能代から、県内にクッブが広まっていくと良いなと感じました。

さて、カラダWEEKは11月6日土曜日まで。
3日水曜日は、藤田アナが取材したファウストボール(映像見たけどなんか痛そう)
5日金曜日は、太田アナが取材したネオホッケー(これもスウェーデン発祥なんだそう)
それぞれ放送される予定です!ぜひご覧ください★

今年もカラダWEEK
負けないカラダを育てましょう~~~~!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.