ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ショッピング
SNS
2012年4月6日

桜のあずきでっち

【ポイント】
もち米は一晩水に浸して

【材料】12個分

  • あずき=1合
  • もち米=1合
  • 砂糖=60g
  • 中ザラ糖=70g
  • 塩=ひとつまみ
  • 桜の花・葉の塩漬け=適量
  • くるみ=5粒

【作り方】

  • 小豆は4カップの水を加えて火に掛け、柔らかく煮る。砂糖、中ザラ糖を加えて煮汁がわずかに残る程度まで煮て、仕上げに塩を加える。
  • もち米は一晩水にひたしてから、同量の水を加えて炊き、(1)の小豆と混ぜる。
  • 桜の花と葉はそれぞれ水に浸して塩抜きをして、水気をふいておく。
  • (3)をバットなどにきっちりと詰めて、桜の花とローストしたくるみを載せて冷やし固める。
  • 切りやすい硬さになったら、12等分して桜の葉で包む。

「あずきでっち」は昔から県南でよく作られている郷土料理で、おはぎの「あん」と「おもち」を混ぜ合わせてつくります。...そうお話しますと、皆さんちょっと驚かれますが(笑)食べてみますと、とてもおいしいですし何よりも、作る手間が楽でその上、翌日になっても柔らかいところが嬉しいのです。
桜の花や葉で春らしくしてみました。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved