ABS秋田放送

2010年3月4日

もしも思い出を冷凍保存

【今日のテーマ】もしも思い出を冷凍保存できるなら

みなさんから頂いたメールのなかで、「思い出を製氷皿に入れ、爪楊枝を刺しておく」とか「かき氷にする」というアイデアあふれるメールを頂きました。ディレクター須藤の無理難題にお答え下さいまして、ありがとうございます。

思い出=記憶です。ドラえもんの話の中で「わすれトンカチ」というのが初期の頃出てきました。そこでドラえもんは

「忘れる=記憶がなくなるのではなく、記憶した引き出しが開かなくなってしまうようなもの」

と言っていました。記憶しているけれど、自由に思い出せない。しかし、それに『関連すること』を考えたり思い出したりしていると、脳が活性化されて思い出すこともあるそうです。いろんな心理学の本に書いてあるので、きっとそうなんですよ。実際、英語が喋れるバイリンガルの松井梨絵子アナウンサーと英語の話をしていると、高校のときに丸暗記した日常では絶対使わないような英単語が、ふと思い出されます。

そんな記憶も冷凍保存できるなら、そして食べて再現できるなら是非、冷凍保存とメロンシロップをたっぷりかけて頂きたいと思います。でないと、冷凍保存している意味がない!

さらに人間の記憶はいいように作り変えられるようです。これも心理学のさまざまな本に書いてありました。大まかに言えば自分を守るためらしいですね。自分でも、自信をもって記憶していると思っていたことも、多少違ってるなんてことがよくあります。時間が経てば経つほど、曖昧になってきます。

冷凍保存はしないまでも、以前から記録魔だったのでいろんなことを覚えているほうですが、それでもズレは生じています。ああ、悲しき脳細胞。冷凍保存できる技術がないのだから、なんとか頑張って記憶を保持してください。

【ごく裏じょうほう】

田村がこのブログを書くにあたって思い出した必殺技

2/24のブログに掲載されています。その
クイズの答えです。

桃太郎さん、ご回答ありがとうございました。多分、何も見ずに回答されたと思います。概ね正解です。なぜか、必殺技では小学校の時の映像が蘇りました。そりゃそうですよね、中学校以上で「必殺の〜」ってあまり日常で使わなくなりますから(笑)

1デルタエンド  → ウイングマン
2波動拳     → ストリートファイター
3↑ → で 飛び横蹴り  → 空手道(アーケード)
4ハートブレイクショット →はじめの一歩の伊達
5パイルボール   →コロコロの あばれ隼
6サンダーボルト  →コロコロの 燃えろクロパン
7水月拳      →コロコロの 轟け一番!
8二枚返し     →コロコロの 轟け一番!
9ゴールデンアームボンバー →輪島大士

【本日のごくじょう写真】

ハチミツブンブンCooking!
「はちみつきな粉飴」の予定が・・・ 味は旨いがただ、ハチミツがなかなか冷えずに成型できないままO.A.に突入。そんな日もあるさ〜
ちゃんとしたのは「はちみつレシピ」に掲載されています。
URL://www.bee-skep.com/

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved