ABS秋田放送

2013年4月4日

ひさしぶりの遊園地じゃ@アニパ

ABS news every.取材記 2013.04.03(水)

ABS news every. きょうは秋田市の大森山動物園に隣接している「大森山ゆうえんちアニパ」での取材でした。

秋田県で唯一の遊園地です。
大森山動物園ミルヴェは今シーズンの営業をスタートしているものの、隣接しているアニパはまだ始まっていません。
そのアニパが5日(金)に今シーズンの営業を始めるのですが、それにあわせてアトラクションを2つ新設しました。

1つが『ペリカン バーガンと空飛ぶ魔法のバイク』

遊園地でよくみかける回転塔に乗り物がついた遊具です。
バイク(自転車)が6台ついていて、ペダルをこぐと筐体が上昇し、漕ぐのをやめると下降します。


アニパ隊長エクルも、ライオンですがを飛びます


エクルの次は田村


おほほほほ 39歳と5ヶ月と9日

高さ約5mの位置まで上がり、2分間回転し続けます。スピードは分速132mだそうです。

ここで問題 分速132mを時速に直すとどうなるでしょう?

時速というのは1時間に何km走ることができるかです。
分速というのは1分間にどのくらい走れるかです。

小学校4年生のころ単位の換算を計算ドリルでやってましたけど 実はよくわかっていませんでした。

1分間に132m=0.132km走れるということを念頭に置き、1時間でどのくらい走れるかを計算します。
1分間で0.132km つまり1時間ならその60倍という計算をすると
0.132×60=1.32×6
     =7.92
     ≒8
時速はおよそ8kmなんですね

ちなみにこのアトラクションは
・2歳以上 ∧ 身長90cm以上  が第1条件 さらに
・2〜4歳 ∨ 身長110cm未満  は要同伴者で という条件付き
つまり無条件で乗れるのは
・5歳以上 ∧ 身長110cm以上

複雑すぎてベン図で表せません。

さてさて もう1つが『ゾウレグホーンのフアフアドーム』


でかいぞ8mぐらいかな?

文字通り空気で風船を膨らませていますのでドームはいるときには空気が噴出します。するとドームのてっぺんにあるレグホーンが萎れてしまいます(笑) これは撮影できない!
遊びに行ってお楽しみあれ。

田村は三半規管がそんなに強いほうではないので3分跳ね続けたら船酔いしました。ましてや今日取材で一緒だった青森出身竹内カメラマンは ファインダーを覗きながらだったのでさらに船酔いを感じたそうです。


びしっと決めます 竹内誠カメラマン!

アトラクションチーフの田村悟史(サトシ)さんも体を動かせるので遊びに来てくださいと話していました。もちろん右が田村さん
左は「み・・・」 いやアニパ隊長のエクルです。


エクルと田村悟史さん

アニパは4/5(金)10時オープン!
入園料は無料!だから動物園を訪れた7割ぐらいの人がアニパを訪れるそうです。アトラクションは1回300円です。
観覧車もあるんです。

ちなみに秋田朝日放送は藤盛アナウンサーが取材に来ていて空飛ぶバイクに乗って「二十歳を超えてもいいですね〜」的なリポートしていました。
それを近くで聞いた田村。「その倍近い田村は・・・」と自問自答する毎日です。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved