ABS秋田放送

2010年3月19日

好きなアーティスト

【今日のテーマ】好きなアーティスト

お決まりで、辞書をひいてみました。

「広辞苑」によると、アーティスト=「芸術家 主に、美術家 演奏家」だそうです。

放送でも「別に 陶芸家でも画家でも彫刻家でもいいですよ」と言ったものの、メールは圧倒的に 歌手等が多かったですね。

田村も美術関連は大変疎いのであれこれかけません。
「ギャラリーフェイク」を読んで、ちょっと興味を持った程度です。

なので、音楽関連のアーティストしか挙げられません・・・

衝撃的な曲は コンピューターミュージックです。
ベーマガ(マイコンBASICマガジン)で88SRのFM音源を駆使して「グラディウス」を耳コピで作ってしまったYK-2こと古代祐三さん。「イース」と「イース2」と「ソーサリアン」の曲でひとりで感動していました。「イース」の「SEE YOU AGAIN」「THE LAST MOMENT OF THE DARK」「FIRST STEP TOWARDS WARS」「THE MORNING GROW」 おまけ曲の「旅立ち」なんて、毎日毎日、飽きもせず聞き続けてました。「ソーサリアン」も名曲が多く、中学生でこんな曲を聞けた田村は幸せだったと思っています。で、それがどう影響を与えたかと言うと・・・ 自分で作曲をするきっかけになりました。とにかく、「"旅立ち"のような曲を作りたい!」と意気込んだものの、イメージ先行で技術が伴わず、感動できる曲は作れませんでした。しょぼい曲は3曲できたのですが、いずれ、5インチのフロッピーの中にあるので、聞くことは困難です。

このブログを読んでいる方でピンと来る方は少ないかもしれませんが、当時は打ち込み(プログラムを組んでの6重和音)の神様みたいな扱いだった方なんですよ。今はエインシャントという会社を作り、社長をしているようです。最近でも「BOOK OFF」にCDがないかと、しょっちゅう探しています。

ほかにもたくさんいますが、たまにはコンピューターミュージック系のアーティストもいいかなと思って書き綴ってみました。

【本日のごくじょう写真】

秋田スズキの宮嶋由美子さん
以前からラジPALがお邪魔しても、超癒し系で応対して下さってます。

見上藤枝おばあちゃん
ごくじょうレシピを3種類も作ってきてくれました!!!

そしたらじゃんご料理用の「がんもどきと人参の含め煮」まで作ってきてくれました。
ひたすら感謝です・・・ 

先輩の代わりに吉村優がアーーーーーム。
石井さんは出張中で〜す。代わりに頂いてマース

みどりガメさんの傑作「ゴッホ」
好きなアーティストと言って、このクオリティーでノートに書いてFAXで送ってくるなんて、ただものではありません。

【ごく裏じょうほう】
吉村の特技  毛筆の書道が得意
吉村の特技  毛筆の書道を高校生に教えられる
吉村の特技  そんな免許を持っている!!
田村の不満  今日のテーマがこれなんだから 先に言え!
田村の比較  硬筆と毛筆は違うようです

吉村の硬筆。あんまりうまくねえなあ...(田村)
田村は人のことを言う資格は一切ありません。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved