ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2021年03月4日

10年ぶりのプロボクシング" 東日本新人王 "

令和も3年目の春を迎えます
新しい生活に身を置く人も多いことと思います。

さて、3ヶ月前の話ですが
「 秋田県出身のプロボクサーが10年ぶりに
  " 東日本新人王 "の王座を手にした   」
という嬉しい知らせを皆さんご存知でしたか??

今回は
「こんな人もいるんですよ」という思いで取材日記としてブログを書きました。

秋田工業高校出身で、東京で活動していた
佐々木凌(ささき・りょう)選手です🥊

日本のプロボクシングには
全日本新人王(=東西の新人王が戦い、日本一を決める)」という大会があります。
67回の歴史を誇る大会です。
秋工出身の佐々木選手は去年12月、
東軍の代表である" 東日本の新人王 "に輝きました。
久しぶりに秋田県出身のプロボクサーがタイトルを獲得したんです!

" 新人王 "……なんて格好良い響きなんでしょうか……
素晴らしい活躍です
わたしはプロボクサーだったこともあり、より嬉しさを感じました。

そして、引退を決めた佐々木さんに電話インタビューで話を聞きました。
11年のボクシング生活を振り返り、
「なぜプロボクサーになったのか」
「働きながら、きつい思いをしてまでやりたいと思うボクシングの魅力って?」
など、質問に対して佐々木さんはとても丁寧に答えてくれました。

続けることの大切さ
佐々木さんはそれが大切と言っていました。

11年のボクサー生活、本当にお疲れ様でした!

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.