ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2017年1月14日

あきた伝統野菜 常設販売コーナー登場!

ラジパルス かおり。
秋田県に受け継がれてきた 地域の郷土作物 「あきたの伝統野菜」
の追っかけをしております。
追い掛けること3年半。30 ある あきたの伝統野菜のうち 
現在25の野菜たちの 栽培現場をお訪ねし、会ってきました!

その地域・地域にしか ない、個性のある あきたの伝統野菜。
とても魅力がありながら、手間のかかる栽培や、栽培する方の減少で 
なかなか 手にすることが難しい。現実もあります。

でも「あきたの伝統野菜」を 常設で販売するコーナーが登場したんです!!
秋田市 御所野イオンにあるB1Fのスーパー「イオンスタイル御所野」
その野菜コーナー内に、売り場はあります。

にんじんとせり

売り場

ここに来ると、旬の伝統野菜に出会える そんな場所です。
今日は、中継に、こちらの「伝統野菜コーナー」企画 運営の
お三方に お越しいただき お話を伺いました。

○秋田県農林水産部 園芸振興課 鈴木 基さん
○伝統野菜を扱う仲卸の業者 「松紀」の北舘祐一さん
○イオンリテール 東北カンパニー 秋田地区バイヤー 竹内淳哉さん

伝統野菜コーナー 集合

地産地消を進める中「あきたの伝統野菜で何かやろう!」と
垣根を越えた3人が集まり 取り組みが始まったのだそう。
企画・仕入れ・販売と「あきた伝統野菜」コーナー実働部隊のみなさん。

昨年11月に スタート!
試食料理を提供するなど、 販売方法に工夫をこらした取り組みを行い
伝統野菜をカゴに入れて 食卓へ。というお客様が、増えているのだそう。

「山内にんじん」の販売では、伝統野菜の調理スペシャリストの
専門販売員 佐藤さんが、自宅でもすぐに作ることができる
「山内にんじんのきんぴら・スープ」などを 紹介しながら、試食・販売。

佐藤さん

それまで、週に10袋程度の売り上げだったところが、
週に70袋が販売になったのだとか!!

仕入れを行う 北舘さんの連携で、農産物の集配は、農家さんに
負担をかけることなく動いているそう。

今日は、今が旬の「三関セリ」の試食販売を行っていた佐藤さん。

試食販売さとうさん

「三関セリのナムル」と「根っこのきんぴら」は
セリの美味しさを生かした
若い世代が、今夜 食べたい! と思う シンプルな調理方法。
味わいながら、佐藤さんとお話をしているうちに
伝統野菜が身近なものになっていくのです。

こういった試食・販売は、月に2回程度行っています。
また、毎月15日には生産者を交えた試食販売会を開催。 
11月 山内にんじん 12月 松館しぼり大根 を行い

大根
1月15日(日)は 湯沢市の 「三関セリ」登場します!
実際に、生産者も売り場にいらっしゃるそう。
栽培のこだわりや、生産者だからこそ知る美味しい食べ方などを
聞くことができるのです。

「あきた伝統野菜」の常設コーナーでは、この先も、旬の伝統野菜の
 試食販売会を 行っていく予定だということです。

 2月 大館市 比内とんぶり の予定だそう。

  伝統野菜は、秋田の食を彩る 地域の 誇れる野菜だと実感しています!
  その魅力に ぜひ、「伝統野菜常設コーナー」で出会っていただき
  旬の時期には、その地域にも、足を運んでいく きっかけとなればと
  感じたラジパルでした!