ABS秋田放送

2016年7月21日

あきたの伝統野菜~山内にんじんのドレッシング~

横手市山内に伝わる「山内にんじん」
鮮やかな橙色と、30センチにもなる長さが特徴です。
生でも香りがよく甘味の濃い しっかりした味が伝わります。

その山内にんじんの加工品が完成!「山内にんじんドレッシング」です!!
7/13に行われた 秋田の特産品コンテスト「食のチャンピオンシップ」では、
「奨励賞」に輝きました☆

ドレッシング

開発したのは「山菜恵ちゃん商品開発グループ」の皆さんです。

ドレシングの材料、その ほとんどは、まさに「山内にんじん」
あきたオリジナルの「あめこうじ」、なたね油、米酢、りんごなど、
こだわりの材料で仕上げています。

ドレッシング2

味は、フレンチ風。ピューレ状で、贅沢に山内にんじんが使われています。
食べると、さわやかさと、フレッシュな味わい、そして、人参の甘さが
生きてきます。

クラッカーにそのまま のせても、サラダにかけても「んめ!!」のです。
そして、彩りもとってもキレイ!です。

「山菜恵ちゃん商品開発グループ」の皆さんは、1年半ほど前から
開発に取り組んだそう。
何でも合うものを。とドレッシングに仕上げたのだとか。
材料の山内にんじんは、グループのメンバーが種から植え、収穫したものです。

皆で意見を出し合い、試行錯誤を繰り返して出来上がった「ドレッシング」
出来上がったときは「やった!」と声が上がったそう。

山内地域の在来作物で 古くから栽培されてきた「山内にんじん」
栽培の手間や収量から、短い人参に押されて、
一時は、途絶えるところまで来てしまいました。

しかし、地域の特産品として、栽培の取り組みが始まって10年。
今は、栽培量も増えて、こうして、加工品が生まれるまでになったのです!
拍手!!!

「山内の誇れる野菜」と感じている皆さん。
そのチームワークと、朗らかさが さらに山内にんじんを鮮やかに
見せていました!

開発メンバーと

帰省をする家族を迎えるとき「あきたにはこんな野菜があるんだよ」と
ドレッシングとともに、夏野菜をたくさん食べるのも いいですね!

直売所 山菜恵ちゃん、道の駅 さんない、のほか
アトリオン地下 県産品プラザでも手にすることができます!

問:あいのの温泉 直売所 山菜恵ちゃん 0182-53-2710