ニュース
テレビ
ラジオ
天気・防災
イベント・映画
アナウンサー
番組表
動画配信
ブログ
SNS
2020年5月31日

秋田が大好きとおっしゃる東京都世田谷区の 玉川商店街振興組合・代表理事 松岡康榮(まつおか・やすしげ)さん

5月31日は、新屋温泉・高橋大和社長の30年来の友人
玉川商店街振興組合の代表理事・松岡康榮さん(72才)に電話でお話を伺いました。
玉川商店街のある玉川エリアは、世田谷区で一番大きな町です。
昔ながらの趣きを残しながらも、中高層ビルもたくさんあって、どこに行くにも便利な事から若い人に人気があり、20代から40代までで、45%を占めるそうです。
玉川商店街振興組合は組合員だけでも150人!
松岡さんは、そんな町で常に、子供から年配者まで、元気にくらせるよう、日々、策を練っています。

大和社長は、松岡さんからの依頼で、秋田から竿燈となまはげ👹を連れていって、一気に玉川エリアが秋田の祭りで盛り上がり、大変、喜ばれたこともあったそうです。
今はまだ、新型コロナウイルスの脅威に油断ならない時期ですが、松岡さんは、大好きな曲「アメリカ橋」の歌詞を引用し
『コロナ橋を渡れば、向こうに幸せがある!』と商店街のみなさんにおっしゃっているようです。
そして3つの大事にしている言葉をいただきました。
・心強く ・辛抱強く ・前を向いて行こう
大和社長も、一句、『コロナ橋 みんなで渡れば怖くない!』

今回、松岡さんと大和さんの共通点を見つけました。
カラオケ大好きでマイクを持つと話さないこと!
どんな時もポジティブであること!
声が大きく、ハキハキしていること!
お二人が仲良くなったわけが分かりました。

コロナウイルスが収束し、また、大きなイベントが出来るようになる日を想像しながら、みんなで今は堪えましょうね。

大和社長のステージで歌う姿、また、みたいですねえ‼
また、秋田をまるごと、玉川エリアに持って行って
東京の皆さんにも、ぜひ、秋田に大勢でいらしていただきたいですね。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved