ABS秋田放送

2014年12月19日

クリスマスソング

きょうの音楽は、クリスマス特集、それもスタンダードナンバーを中心に
「大人のクリスマスソング」と題してお送りしました。
ショッピングセンターでは、11月に入ると、もうBGMがクリスマスの曲だったりしますが、
今頃はまさに「何を贈ろうか」とか「どこに行こうか」「家で何を食べよう」と楽しく計画している時期。
クリスマスソングが、心に染み入るように響きます。

●ウィンター・ワンダーランド
●赤鼻のトナカイ
●そりすべり
●ネコの聖しこの夜
●イヌのジングルベル
●サンタが街にやってくる
●クリスマスまで待てない
●安奈

このうち、「ネコの...」と「犬の...」は、
私の担当日に特権(!)を行使して、ほぼ毎年かけている曲です。
猫や犬の「ニャン」とか「ワン」という鳴き声を、ドレミファの音程に合うように加工して、あたかも猫や犬が歌っているように録音した、遊び心あふれる曲です。

これが面白いのは、ラジオをかけているお宅のペットが、鳴き声に反応して、いろんな動きをすること。
さっそくメールをいただきました。
「ドレミ」さんの3匹の猫は「目をまん丸にして耳をあちこちに向け」たり、「部屋中をかぎまわって声の出どころをさがし」たり、「ラジオに気づいてラジオを見つけたりパニック」など、普通ではない様子です。

私の好きなクリスマスソング、竹内まりやの「素敵なホリデイ」の中に
「嬉しさをかくせない 犬や猫まで」
という一節があって、なんだか、重なってくるんですね。

甲斐バンドの「安奈」も忘れがたい一曲。
この曲も、お送りすると必ずメッセージをいただきます。
「安奈」は女性の名前。
その安奈に「クリスマスキャンドルの灯は」と呼びかけるバラードです。

来週の12月25日、クリスマスの日は木曜日
そう、80~90年代のヒット曲がかかる木曜日です。
担当のS木ディレクターも、その年代にヒットしたクリスマスソングを鋭意選曲中の様子です。
お楽しみに。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.