ABS秋田放送

2009年12月9日

2009年12月9日(水)

鶴岡です。
RNアップルミントさんから質問をいただきました。

「師走に入って、少しずつ大掃除をと思っています。ただ一カ所、お風呂の鏡がどうしてもきれいになりません。酢を使ってみたり、シャンプーがいいと聞いてやってみましたが、いまいちでした。何か良い方法があったら教えてください。」

皆さんから情報が寄せられました。ありがとうございます。
2つあります。

ひとつは、歯磨き粉を使う方法
月曜日の9時放送、岩本公水「星の語り部」で放送されたようです。歯磨き粉を布、あるいはスポンジにつけて磨く。なるほど、ほどよい研磨剤がいいかもしれませんね?

もう一つは、クエン酸を使う方法
クエン酸をドラッグストアで購入。100mlに大さじ2杯の割合で液を作ります。キッチンペーパーに染みこませて、鏡をパックするように貼り付けます。キッチンペーパーの外側からラップで覆い、30分できれいになる。クエン酸なら、ミカンの皮を使うのも良いかもしれません。皮で磨くのは疲れそうではありますが...。貼り付けてほっとけるのは、楽ですね。

お風呂の鏡は、曇り止めも一緒にできたらうれしいところですが、どうなんでしょう?

まだちっとも掃除をする準備をしていなかったです(汗)。
「少しずつ毎日」というのが苦手なので、きっと今年も「集中して大仕事」になっちゃうと思います。毎年、筋肉痛になります。楽で、楽しくきれいになるいろんな生活の知恵、お待ちしています。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved