ABS秋田放送

2018年11月14日

ハンターギャザラ―

横手市の県立近代美術館で開催中
「鴻池朋子 ハンターギャザラー」
会期末が迫っています!!!!!!

11月10日に、学芸員の鈴木京さんとのギャラリートークで、わたし林も展示をじっくり見てきました!!

ハンターギャザラー

写真の手前に写っているのが、「ドリームハンティンググラウンド」クマやオオカミ、シカの毛皮が大地のように見える作品です。
実は11月10日から、この毛皮を“触る”ことが可能になりました。
動物ごとに毛の長さや手触りが異なるんです…!

また、写真の奥にあるのが、カービングを用いた20畳ほどの大きさの作品(圧巻です!)。
近づくと、細かな彫刻の跡が無数にあるのがわかります。
描かれた動物たちもさることながら、彫り跡からも制作過程のエネルギーを感じます。

このふたつの作品だけでなく、展示された作品ひとつひとつが猛烈にエネルギーを放っていて、自分の感覚を揺さぶられました。。

「鴻池朋子 ハンターギャザラ―」
冒頭にも書きましたが、会期が!迫っています!
今月25日(日)までの開催です。
ぜひみなさん自身の目でお確かめください。

ハンターギャザラー

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved.