ABS秋田放送

2009年10月7日

2009年10月7日(水)

賀内です。

水曜リクエストにいただいたおはがきに、こんなのがありました。
「連休は東京の息子の様子を見に行ってきました。もうひとつ目的があって、シカゴのジャパンツアーも見たかったのですが、メンバーが骨折でツアー中止。もうガッカリでした」

シカゴとは懐かしい!
「イントロダクション」「長い夜」など、管楽器をまじえたダイナミックなサウンドが浮かびますが...中止とは残念でしたね。お母さん。

私が注目したのは、そのはがきです。ツアー中止で涙にくれている顔のイラストです。
水曜リクエストには、はがきや手紙のリクエストも数多くいただきます。その昔、70年代から80年代は、はがきリクエストの黄金時代で、一枚一枚に手間をかけて、文章もイラストも、凝りまくったはがきが放送局に殺到しました。きょう紹介したはがきの主、ひょっとして、その時代にたくさんはがきを書いていたかたかな?と思いました。
見ていると、何となくですが、勉強部屋で一所懸命に投稿はがきを書いている女の子の姿が浮かんできて、その頃の空気を感じるのです。
私も同じ頃、はがきこそ書きませんでしたが、ラジオ中心の生活でしたから、わかるんです。

その女の子が母になって、息子の様子を見に上京。でも、シカゴとラジオは今も好きなんて、いいライフスタイルですねえ。私は、ラジオを聞く側から伝える側に回りました。なんだか同窓生と話しているようなひとときでした。

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved