ABS秋田放送

2016年12月9日

八重樫さんの包丁さばき

(賀内ANの日記から続く)
はーい!八重樫です。

普段家では子供が使うような、小さくて軽い包丁で食材を切っているんですが、
今回、スタジオでは、佐藤先生持参の刃渡り25cmの包丁を使わせていただきました。

普段の包丁とのギャップに、危うく手を切りそうになったり、
食材との距離感が掴めず、思わぬ場所を切ってしまったり…
見かねてベテラン主婦のディレクターがスタジオに乗り込むなど、
途中から、スタジオは戦場に…(泣)

八重樫葵アナ、なます作りに挑戦

でも、佐藤先生のフォローもあり、何とかおいしいナマスを作り上げることができました。

佐藤先生曰く、
野菜を切るとき少し包丁をスライドさせると、野菜に艶が出て、見た目が美しいそうです。

みなさんも、食材の艶にこだわって、ナマスを作ってみてはいかがでしょうか。

2016年12月9日

八重樫さんの包丁さばき

12月9日の「あさ採りワイド秋田便」は、『おせち料理』についてお送りしました。
「ごくじょうラジオ」ごっくん晩ごはんでおなじみ、佐藤鉄男先生の指導のもと、
八重樫葵アナがスタジオで、なますを作りました。

八重樫葵アナ、なます作りに挑戦

私も、人に自慢できるほどの料理はできませんが、
そんな私が見ていても明らかに「危なっかしい」のがわかる手つきで、
しかし真剣にニンジンやダイコンを切る八重樫アナ。
先生や、二児の母でもある当番組ディレクターの助けを受けて、
1本1本がやや太めのなますができ上がりました。
なますの写真は、なぜか掲載しておりませんが、
その代わりに八重樫アナのかわいいエプロン姿を。

なますの代わりにエプロン姿の八重樫アナ

作った感想はどうだったでしょうか。
中継がつながっています。
八重樫さーん!(続く)

掲載されている記事・写真等すべての無断転載を禁じます。Copyright © Akita Broadcasting System. All Rights Reserved