食と農業の役割を知って 小学校に教材贈呈

この記事をシェア

  • LINE
秋田 2021.04.08 19:30

子どもたちに食と農業に理解を深めてもらおうと農地の役割などが解説された教材が県に贈られました。

JAバンクあきたとJA全農あきたは、毎年、県内の小学校と特別支援学校に教材を贈っています。

教材は、小学校高学年向けで農業と地形や気候との関わりや先端技術を活用した「スマート農業」などが取り上げられています。

コメ作りの流れや県内の収穫量などをまとめた下敷きもあわせて贈られました。

教材は、県内の小学校や特別支援学校の授業で活用されます。