ガソリン146円50銭 2週間ぶりの値上がり

この記事をシェア

  • LINE
秋田 2021.05.02 11:24

 県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は前の週より50銭上がり1リットル146円50銭となりました。

 資源エネルギー庁によりますと、4月26日現在の県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は前の週から50銭上がり、1リットルあたり146円50銭でした。2週間ぶりの値上がりです。

 価格を調査している石油情報センターは「原油価格の上昇を受けて石油元売り各社が卸売価格を上げたことにより小売店の仕入れ価格が上がったため」と分析しています。

 新型コロナウイルスの変異ウイルスによる世界的な感染の再拡大の懸念から原油価格は小幅な値動きが続いていて、次の調査では価格は横ばいになると予想されています。