秋田商業高校の男性教諭 “酒気帯び運転”停職6か月

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.11.19 19:15

秋田商業高校に勤務する47歳の男性教諭が先月、酒気帯び運転の疑いで検挙されていたことがわかりました。男性教諭は19日付で、停職6か月の懲戒処分となりました。

停職6か月の処分を受けたのは、秋田商業高校に勤務する47歳の男性教諭です。

秋田市教育委員会によりますと、この男性教諭は、10月21日の午後7時半から午前0時ごろにかけて、秋田市の焼き肉店とバーでビールと焼酎を飲んだあと、近くの駐車場に止めていた自家用車で翌日の午前7時20分ごろまで仮眠を取りました。

午前8時ごろ、出勤するため車を運転したところ、警察官に停車を求められ、呼気から基準に達するアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで検挙されました。

男性教諭は「ビール1リットルほどと焼酎370ミリリットルを飲んだ」と話しているということです。

秋田市教育委員会の佐藤孝哉教育長は「再発防止に向けての指導を徹底し、信頼回復に全力を挙げてまいります」とコメントしています。