学生を支援 経済団体から寄付金

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.10.15 19:31

新型コロナウイルスの影響を受ける学生の支援に充ててもらおうと秋田県内の経済団体が寄付金を贈りました。学生の中にはアルバイト先から自粛を求められて収入が減るなど生活に困っているケースもあるということです。

秋田経済同友会が寄付金を贈ったのは県内の大学や短大14校でつくる大学コンソーシアムあきたです。大学側の要請を受けた経済同友会が会員企業に呼びかけ、企業・個人から286件、1040万円の寄付金を集めました。

新型コロナウイルスの影響でアルバイトの収入が減ったり、オンライン授業でインターネット環境の整備を求められたりと経済的な負担が大きく生活に困っている学生もいるということです。

大学コンソーシアムあきたは寄付金を各学校に配分し、それぞれ学生の支援に充ててもらうことにしています。