JR秋田駅「白い粉が…」改札口を一時封鎖

この記事をシェア

  • LINE
秋田2020.10.14 13:12

 14日午前、JR秋田駅で「白い粉が列車内にある」と警察に通報があり、改札口が一時封鎖される騒ぎとなりました。

 列車に運休などの影響が出ていて、警察などが詳しい状況を調べています。

 午前9時半ごろ、JR秋田駅構内に厳重な装備に身を包んだ消防隊が次々と入り騒然としていました。

 秋田中央警察署によりますと14日午前9時前、JRから警察に「白い粉が列車内にある」と通報がありました。

 JRが改札口を封鎖し警察と消防が調べたところ、3番線で発車の準備をしていた列車から一部が欠けた白い錠剤1錠が見つかりました。

 警察が調べたところ錠剤に危険性はありませんでした。
 
 これまでに客やJRの職員に不調を訴えている人もいません。

 この影響で羽越線の普通列車2本が運休したほか、多くの列車に遅れが出ています。

 警察と消防が引き続き状況を詳しく調べています。